[スポンサーリンク]


2018年 1月 09日

  1. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

    光触媒を用いた反応開発で世界をリードしているMacMillan先生が今度はケミカルバイオロジー分野に参入か!?Decarboxylative alkylation for site-selective bioconj…

  2. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる 第2回

    ポスドク及びアカデミアの研究者については、いわゆる民間企業への「就職活動」が初めてという方が少なくあ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アロイ・フュルスナー Alois Furstner
  2. 化学者のためのエレクトロニクス講座~電解銅めっき編~
  3. 食中毒と衛生管理の重要性ーChemical Times特集より
  4. ゴジラの強さを科学的に証明!? ~「空想科学研究所」より~
  5. (+)-フロンドシンBの超短工程合成
  6. 第73回―「Nature Chemistryの編集者として」Gavin Armstrong博士
  7. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子

注目情報

最新記事

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

PAGE TOP