[スポンサーリンク]


2018年 7月 20日

  1. 電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

    第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし)さんです。Waldvogel研究室(マインツ大学)では電気化学を活用した複雑化合物の有機合成反応開発を主眼とした研究に取り組んでい…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 秋の褒章2013-化学
  2. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応
  3. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授
  4. カネカ 日本の化学会社初のグリーンボンドを発行
  5. 第94回―「化学ジャーナルの編集長として」Hilary Crichton博士
  6. レーザー光で実現する新たな多結晶形成法
  7. 有機EL organic electroluminescence

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP