[スポンサーリンク]


2018年 10月 18日

  1. イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

    イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置選択性の高い合成法である。イミデートラジカルを用いたβ-アミノアルコール合成 β-アミノアルコールは天然物や医農薬に頻出する重要骨格…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2019年6月号:不斉ヘテロDiels-Alder反応・合金ナノ粒子触媒・グラフェンナノリボン・触媒的光延反応・フェイズ・バニシング
  2. 安全性・耐久性・高活性を兼ね備えた次世代型スマート触媒の開発
  3. 国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得
  4. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?
  5. ゲラニオール
  6. 挑戦を続ける日本のエネルギー企業
  7. アミロイド線維を触媒に応用する

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP