[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字

[スポンサーリンク]

米化学大手デュポンが25日発表した7―9月期決算は、最終損益が8200万ドルの赤字だった。前年同期は3億3100万ドルの黒字だった。海外で得た利益を米国に戻す際の課税(3億2000万ドル)や大型ハリケーンの被害(9500万ドル)などが響いた。特別要因を除けば実質増益だった。売上高は前年同期比2%増の58億7000万ドル。(引用:日本経済新聞)

ハリケーンの被害が会社の利益に現れています。実際は増益であっただけにその被害はすさまじかったことでしょう。1802年から200年もの歴史がある、また米国で最大の化学企業も天災にはひとたまりもないです。この被害に呼応したように、酸化チタンの価格上昇も最近ありました。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 薄くて巻ける有機ELディスプレー・京大など開発
  2. 印民間で初の17億ドル突破、リライアンスの前3月期純益
  3. 疑惑の論文200本発見 米大が盗作探知プログラム開発
  4. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新
  5. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する
  6. 富士写、化学材料を事業化
  7. 科学:太古の海底に眠る特効薬
  8. トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに
  2. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線
  3. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangement
  4. Post-Itのはなし ~吸盤ではない 2~
  5. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part IV
  6. 生物活性分子のケミカルバイオロジー
  7. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化
  8. Chem-Station9周年へ
  9. 光だけでなく化学物質も受容できるロドプシンの発見
  10. ACSで無料公開できるかも?論文をオープンにしよう

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~

Tshozoです。少し短いですが以前から気になっていたので書いておきます。また少々電気化学系…

白い器を覆っている透明なガラスってなんだ?

白い器を覆っている"透明なガラス"が何から出来ているのか気になりませんか?今回は、皆さんがよく目にす…

林 雄二郎博士に聞く ポットエコノミーの化学

雑誌「現代化学」の特集インタビュー記事から、東北大学林雄二郎先生のインタビュー(2019年5月号掲載…

『夏休み子ども化学実験ショー2019』8月3日(土)~4日(日)、科学技術館にて開催

化学の学会ならびに産業界で組織する「夢・化学-21」委員会は、2019年8月3日(土)~4日(日)の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP