[スポンサーリンク]


2018年 11月 14日

  1. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

    2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、可視光照射下にヨウ化アリールからアリールパラジウムラジカル種が生成することを見いだした。これが促進する1,5-HAT過程を起点とし、シリルエ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. サレン-Mn錯体
  2. バーチ還元 Birch Reduction
  3. 大塚国際美術館
  4. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾
  5. フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?
  6. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  7. Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP