[スポンサーリンク]

archives

マイクロ波を用いた革新的製造プロセスと環境/化学領域への事業展開 (プラスチック分解/油化、ゼオライト合成、石油化学系気固反応、エステル/アミド合成など)

[スポンサーリンク]

■こんな方におすすめ!

環境/化学分野において新規事業/技術企画、技術開発、技術探索をご担当されており、

下記のような課題や要望をお持ちの方々

  • 競合よりも高品質なモノを製造できる技術を探している
  • 競合よりも大幅にコストダウンできる新規製法を探している
  • 現行事業の課題解決方法を探している

■本セミナーで得られること

  • マイクロ波に関する基礎知識
  • スケールアップ事例、実績
  • 適用事例、原理と効果
  • マイクロ波化学(株)のソリューション

■アプリケーション例 (効果例)

  • プラスチック分解/油化 (収率向上、時間短縮など)
  • ゼオライト合成 (時間短縮など)
  • 石油化学系気固反応 (収率向上、装置小型化など)
  • エステル/アミド合成 (品質向上、時間短縮、装置小型化など)
  • その他 (医薬/ポリマー/セラミックス乾燥、焼成、無機合成、フィルム表面処理/乾燥/剥離/接着など)

■日時・申し込み先 (いずれの日程も講演内容は同じものになります)

  1. 9月15日(金) 13時〜14時
  2. 9月25日(火) 13時〜14時

申し込みURL:https://mwcc200915.peatix.com/

※ページ内より希望日時のチケットをお申し込みください。

■参加費用

無料

■スピーカー

塚原 保徳  /  取締役CSO、菅野 雅皓  /  事業開発マネージャー

■主催

マイクロ波化学株式会社

■問い合わせ先

マイクロ波化学株式会社

TEL:06-6170-7595 mail:mkanno@mwcc.jp

ホームページ:https://mwcc.jp/

大阪府吹田市山田丘2番8号 テクノアライアンス棟3階

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「コミュニケーションスキル推し」のパラドックス?
  2. アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!
  3. d8 Cu(III) の謎 –配位子場逆転–
  4. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールの…
  5. 第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の…
  6. トンネル効果が支配する有機化学反応
  7. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化
  8. 高分子ってよく聞くけど、何がすごいの?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Corriu Cross Coupling
  2. 嘉部 量太 Ryota Kabe
  3. 同位体効果の解釈にはご注意を!
  4. 色素・樹脂材料処方設計におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?
  5. MI×データ科学|オンライン|コース
  6. 第一稀元素化学工業、燃料電池視野に新工場
  7. ぼっち学会参加の極意
  8. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  9. アルツハイマー病に対する抗体医薬が米国FDAで承認
  10. 第43回―「均質ナノ粒子の合成と生命医学・触媒への応用」Taeghwan Hyeon教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

第31回Vシンポ「精密有機構造解析」を開催します!

こんにちは、今回第31回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

理化学機器のリユースマーケット「ZAI」

不要になった理化学機器どうしていますか?大学だと資産や予算上の関係でなかなか処分に困るところ…

『主鎖むき出し』の芳香族ポリマーの合成に成功 ~長年の難溶性問題を解決~

第420回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科理学専攻 物質・生命化学領域 有機化…

研究費総額100万円!30年後のミライをつくる若手研究者を募集します【academist】

みなさんの隣の研究室では、どのような研究者が、何の研究を進めているかご存知でしょうか。隣の研究室なら…

イグノーベル賞2022が発表:化学賞は無かったけどユニークな研究が盛りだくさん

今年もノーベル賞の季節がやってきました。今年の受賞者の予想に一部ではすでに盛り上がりを見せていますが…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP