[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アンソニー・スペック Anthony L. Spek

[スポンサーリンク]

アンソニー・L・スペック (Anthonyl L. Spek、19xx年xx月xx日-)は、オランダの結晶化学者である(写真:in-cites.com)。ユトレヒト大学名誉教授。

経歴

1975 ユトレヒト大学 博士号取得 (A.F.Peerdeman教授)
2000 ユトレヒト大学教授
2009 ユトレヒト大学名誉教授

 

受賞歴

 

研究

結晶構造解析プログラム・PLATONの開発

 

コメント&その他

トムソンISI社2007年度の調査によれば、化学領域での論文引用数は世界第9位となっています。

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マット・フランシス Matthew B. Francis
  2. ダグ・ステファン Douglas W. Stephan
  3. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura
  4. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  5. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil
  6. リッチー・サーポン Richmond Sarpong
  7. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich
  8. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 人名反応に学ぶ有機合成戦略
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編)
  3. シランカップリング剤入門【終了】
  4. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委
  5. 北大触媒化研、水素製造コスト2―3割安く
  6. シュプリンガー・ネイチャーより 化学会・薬学会年会が中止になりガッカリのケムステ読者の皆様へ
  7. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)
  8. 指向性進化法 Directed Evolution
  9. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction
  10. 書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP