[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アンソニー・スペック Anthony L. Spek

アンソニー・L・スペック (Anthonyl L. Spek、19xx年xx月xx日-)は、オランダの結晶化学者である(写真:in-cites.com)。ユトレヒト大学名誉教授。

経歴

1975 ユトレヒト大学 博士号取得 (A.F.Peerdeman教授)
2000 ユトレヒト大学教授
2009 ユトレヒト大学名誉教授

 

受賞歴

 

研究

結晶構造解析プログラム・PLATONの開発

 

コメント&その他

トムソンISI社2007年度の調査によれば、化学領域での論文引用数は世界第9位となっています。

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi
  2. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjas…
  3. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva
  4. デヴィッド・エヴァンス David A. Evans
  5. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh
  6. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  7. 宮坂 力 Tsutomu Miyasaka
  8. フランク・グローリアス Frank Glorius

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 井上 将行 Masayuki Inoue
  2. 水素 Hydrogen -最も基本的な元素で、燃料電池の原料
  3. ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoermer Cinnoline Synthesis
  4. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane
  5. ここまで来たか、科学技術
  6. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法
  7. パール・クノール チオフェン合成 Paal-Knorr Thiophene Synthesis
  8. フラーレンの中には核反応を早くする不思議空間がある
  9. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】
  10. 研究室の大掃除マニュアル

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP