[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アンソニー・スペック Anthony L. Spek

[スポンサーリンク]

アンソニー・L・スペック (Anthonyl L. Spek、19xx年xx月xx日-)は、オランダの結晶化学者である(写真:in-cites.com)。ユトレヒト大学名誉教授。

経歴

1975 ユトレヒト大学 博士号取得 (A.F.Peerdeman教授)
2000 ユトレヒト大学教授
2009 ユトレヒト大学名誉教授

 

受賞歴

 

研究

結晶構造解析プログラム・PLATONの開発

 

コメント&その他

トムソンISI社2007年度の調査によれば、化学領域での論文引用数は世界第9位となっています。

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Ki…
  2. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof
  3. 田中耕一 Koichi Tanaka
  4. ヨアヒム・フランク Joachim Frank
  5. デイヴィット・ベイカー David Baker
  6. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  7. 硤合 憲三 Kenso Soai
  8. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 京大北川教授と名古屋大学松田教授のグループが”Air Liquide Essential Molecules Challenge”にて入賞
  2. 肝はメチル基!? ロルカセリン
  3. アノードカップリングにより完遂したテバインの不斉全合成
  4. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
  5. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴
  6. 三井化学、出光興産と有機EL材料の協業体制構築で合意
  7. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  8. 筑波山
  9. アミロイド線維を触媒に応用する
  10. リピトール /Lipitor (Atorvastatin)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP