[スポンサーリンク]


2019年 3月 25日

  1. 嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

    嫌気性コリン代謝を選択的に阻害する小分子が開発された。これは、嫌気性微生物の代謝による疾患のメカニズム解明の大きな一歩となる。嫌気性コリン代謝ヒトの腸内に生息する微生物は疾患に関与する様々な分子を生産している。しかし、どの分子が…

  2. ケムステイブニングミキサー2019ー報告

    3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学系人材の、より良い将来選択のために
  2. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化
  3. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  4. アーウィン・ローズ Irwin A. Rose
  5. 脱水素型クロスカップリング重合法の開発
  6. 生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!
  7. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Complex

注目情報

最新記事

第59回「希土類科学の楽しさを広めたい」長谷川靖哉 教授

第59回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年11月11日に開催された共催セミナーで弊…

第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

第58回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:準備・お手軽プリント編

オリジナルの実験器具を3Dプリンターで作る企画を始めました。第一弾として3Dプリンターの導入と試しに…

第16回日本化学連合シンポジウム「withコロナ時代における化学への期待」

およそ3年間に渡る新型コロナウイルス感染症の蔓延により、経済、文化、研究、社会活動のすべてが大きなダ…

PAGE TOP