[スポンサーリンク]

一般的な話題

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

[スポンサーリンク]

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!
甲南大学岡本キャンパスはコンパクトでまわりやすいキャンパスでしたね。
筆者は諸事情により1日だけの参加になってしまいました。
それもあり、10歩歩けば知り合いに会って挨拶をし…というような状況になりなかなか目的地にたどり着けないという…笑

すいません筆者の話はどうでもいいとして、ケムステでは今年の年会でも例年通り「ケムステイブニングミキサー」を開催させていただきました。
今年のイブニングミキサーでは、昨年の160名を大幅に上回る220名弱の若手研究者のみなさんに参加していただきました!
来ていただいた方、ありがとうございました。楽しんでいただけましたでしょうか?
本記事ではその様子を簡単にリポートしたいと思います!

ミキサー代表挨拶と玉尾先生による挨拶・乾杯

イブニングミキサーの主旨である「新しい友人を一人でも多くつくること」「若手研究者は論文1報より100人の友」(論文書かなくていいという意味ではない)を強調。協賛企業のスライドも紹介させてもらいました。
その後、ありがたいことにイブニングミキサー発案者である玉尾皓平先生が来てくださったので挨拶と乾杯の音頭をしていただきました。
6回目となった今回も、お忙しいなか来て頂きました。感謝感激です。

日本化学会会長・川合眞紀先生のお言葉

ミキサーの途中に、なんと日本化学会会長・川合眞紀先生が来てくださり、我々に熱いエールを送ってくださいました。
他の懇親会も多くある中、きていただきありがとうございました!!
個人的にとても憧れの先生なのですが、直接お話しすることができたのは初めてでした。感動しました。

イベント

昨年の研究室名ビンゴ大会に代わって、今年は抽選大会を行いました!
新しい友人を作ってほしいという思いと、せっかくの機会なので企業ブースで協賛企業のことをもっと知ってほしいという思いから、

「企業ブースでサイン(スタンプ)をもらって、異なる研究室3研究室以上で6人のグループをつくる」

をルールに抽選を引けることとしました。
最初の30分ほどは全く抽選会場に人が現れず冷や汗をかきましたが笑、その後殺到。
「その場で新しく友達になった」というメンバーで抽選を引きに来てくれた参加者も結構いまして、開催側としては狙い通りで(笑)嬉しかったです!
飲み会で使える食事券(1万円・5千円・3千円)や協賛企業にいただいたグッズを景品に用意しました。
当たった方、おめでとうございます!
抽選会場では我が同期の天池一真博士(京都大学浜地研究室)、我が伊丹研究室M1の加藤里佳氏、同じくM1の宮内紗久良氏が大活躍してくれました。
毎年、内容は違えど何かしらのイベントを用意しようと思っていますので、来年度も楽しみにしていてくださいね。

歓談の時間

昨年同様、筆者は色々と走り回っていたため会場の様子を細かく観察することはできませんでしたが、今年はイベントの影響もあって企業ブースに参加者のみなさんがたくさん訪れてくれていた気がします。
今年も伊丹研究室M1の上田彩果氏がバシバシ写真を撮ってくれました。

特別付設展示会(企業ブース)

今年も協賛企業の方々が特設の付設展示会を開催してくれました。協賛企業は以下の企業です。
各企業が様々な展示やノベルティグッズの配布などを実施、会の盛り上がりをサポートしてくれました。

まとめ

今年も年会3日目開催だったので、昨年と同じくらいの人数かな?と思ったら、昨年より50名以上も多くの若手研究者に参加していただけました。
そのためにお酒が少し足りなくなりました…すいません。汗
でも、きていただいたみなさんのおかげで大変盛況な会になりました!本当にありがとうございます!
来年度も、若手研究者のみなさんに楽しんでいただけるようなイベントを用意してお待ちしております。お楽しみに。
ちなみに来年度の年会は第100回!2020年3月22日(日)〜25日(水) 東京理科大学 野田キャンパスで開催されます。
ミキサーの日程は未定ですが、決まりましたらお知らせします。おそらく18時から20時なので飲み会を入れずに!笑

あとかなり私ごとになりますが、現在育休中で4月1日に復職します。
しばらく娘と穏やかな日々を過ごしていたので復職にやや不安ありですが、ミキサーで若手研究者のみなさんと交流できたことで、なんだかパワーをもらえました。
やっぱり化学者の集まりっていいですね!

最後に

本会はChem-Stationと日本化学会との共催企画です。企画をサポートしていただいた日本化学会とスタッフの皆様に深く御礼申し上げます。また、会場関係の準備で甲南大学の学生アルバイトさんや甲南大学の大学生協の方々にご支援とご尽力いただきましたこと、心より御礼申し上げます。

以上、2019ケムステイブニングミキサーのリポートでした!では来年、東京理科大学でお会いしましょう!

めぐ

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. 目指せ化学者墓マイラー
  2. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム
  3. 卒論・修論にむけて〜わかりやすく伝わる文章を書こう!〜
  4. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!
  5. 化学メーカー研究開発者必見!!新規事業立ち上げの成功確度を上げる…
  6. アセトンを用いた芳香環のC–Hトリフルオロメチル化反応
  7. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!
  8. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ①

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第35回構造有機化学討論会
  2. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講演会
  3. メディビック、抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始
  4. アリ・ワーシェル Arieh Warshel
  5. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus
  6. トーマス・エブソン Thomas Ebbesen
  7. カイコが紡ぐクモの糸
  8. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?
  9. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  10. 脱水素型クロスカップリング重合法の開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Plieger教授

第99回の海外化学者インタビューは、ポール・プリーガー教授です。マッセイ大学基礎科学研究所に所属し、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP