[スポンサーリンク]

ケムステしごと

化学企業のグローバル・トップ50が発表

Chemical and Engineering News より2015年版の 化学企業のグローバル・トップ50が発表されました(C&EN’s Global Top 50)。 このランキングは、化学品の売上高を元に毎年作られているもので、過去にもケムステニュースで取り上げています。

 

トップ10

トップは、王者BASFで長年変わっていません。2,3,4位は、それぞれDow, Sinopec, SABICとこちらも2014年と比較して順位の変動はありません。

ただし、4社とも売り上げを落としています。5位から10位は、Formosa Plastics, Ineos, ExxonMobil, LyondellBasell Industries, 三菱化学, DuPontと続きます。順位を上げたのは、Formosa PlasticsとIneos, 三菱化学でした。

 

日本の企業

日本の企業は7社ランクインしており、トップは、9位の三菱化学続いて15位東レ、21位住友化学、25位三井化学、27位信越化学、39位旭化成、42位DICとなっています。東レは、ボーイングへの炭素繊維の供給が好調な理由と記事では解説しています。

2016-08-04_18-12-47

化学企業のグローバル・トップ50より

総評

昨今の原油安と世界経済の低迷により、多くの会社が売り上げを落とす結果となっているようです。また、大型の買収や統合の話が多くなっており、今後もその傾向は続くと予想されます。化学メーカーは材料という地味な商品を供給していますが、より生活を便利になるものの土台になるような革新的な材料の開発を続けてほしいと思います。

 

関連リンク

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 福井県内において一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生
  2. 天然の日焼け止め?
  3. 書籍「Topics in Current Chemistry」が…
  4. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  5. 2017卒大学生就職企業人気ランキングが発表
  6. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について
  7. 米FDA、塩野義の高脂血症薬で副作用警告
  8. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. グルタミン酸 / Glutamic Acid
  2. 室温、中性条件での二トリルの加水分解
  3. 二丁拳銃をたずさえ帰ってきた魔弾の射手
  4. Lead Optimization for Medicinal Chemists
  5. トビアス・リッター Tobias Ritter
  6. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)
  7. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  8. Nature Chemistry誌のインパクトファクターが公開!
  9. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement
  10. 健康食品 高まる開発熱 新素材も続々

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP