[スポンサーリンク]


2020年 1月 10日

  1. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

    パラムジット・S・アローラ(Paramjit S. Arora、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの化学者である (写真はこちらより引用)。ニューヨーク大学教授。 (さらに…)…

  2. 生体分子機械の集団運動の制御に成功:環境適応能や自己修復機能の発見

    第242回のスポットライトリサーチは、井上 大介 博士にお願いしました。井上さんは博士課程で…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  2. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  3. 4つの性がある小鳥と超遺伝子
  4. 独バイエル、2004年は3部門全てで増収となった可能性=CEO
  5. 合成化学発・企業とアカデミアの新たな共同研究モデル
  6. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glycol Oxidative Cleavage
  7. インフルエンザ治療薬と記事まとめ

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP