[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

すぐできる 量子化学計算ビギナーズマニュアル

内容

やりたい計算がすぐできる!分子の構造が知りたい、遷移状態が知りたい、論文に理論計算による考察が必要だ、自分の実験に援用したい、などなど、量子化学計算を始める研究者に向けた実践書!

対象

学部生以上

 

評価・解説

 

現在ではコンピューターも発達し、計算化学を多用することも増えました。計算が示す結果は実験事実の補助となるばかりでなく、ブレイクスルーを生みだすきっかけになることも少なくありません。

本書は分子軌道法、Gaussian、GAMESS、密度汎関数法などの量子化学計算法に関して、計算入門者向けにQ&A方式で基本から解説しています。

量子化学計算と聞くだけでしり込みする人、特に実験屋さんは一読してみてはいかがでしょうか。

2015年に改訂版が発刊されます。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~
  2. Lithium Compounds in Organic Syn…
  3. Dead Ends And Detours: Direct Wa…
  4. 有機合成のナビゲーター
  5. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート
  6. 英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきた…
  7. 2008年12月人気化学書籍ランキング
  8. これならわかる マススペクトロメトリー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成
  2. ヘテロ ディールス・アルダー反応 Hetero Diels-Alder Reaction
  3. 2012年イグノーベル賞発表!
  4. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1,2-/1,3-diol
  5. 相次ぐ海外化学企業の合併
  6. アミロイド線維を触媒に応用する
  7. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!②
  8. 私がケムステスタッフになったワケ(3)
  9. Nature Chemistry誌のインパクトファクターが公開!
  10. 誤った科学論文は悪か?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP