[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

すぐできる 量子化学計算ビギナーズマニュアル

内容

やりたい計算がすぐできる!分子の構造が知りたい、遷移状態が知りたい、論文に理論計算による考察が必要だ、自分の実験に援用したい、などなど、量子化学計算を始める研究者に向けた実践書!

対象

学部生以上

 

評価・解説

 

現在ではコンピューターも発達し、計算化学を多用することも増えました。計算が示す結果は実験事実の補助となるばかりでなく、ブレイクスルーを生みだすきっかけになることも少なくありません。

本書は分子軌道法、Gaussian、GAMESS、密度汎関数法などの量子化学計算法に関して、計算入門者向けにQ&A方式で基本から解説しています。

量子化学計算と聞くだけでしり込みする人、特に実験屋さんは一読してみてはいかがでしょうか。

2015年に改訂版が発刊されます。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 化学物質はなぜ嫌われるのか
  2. 化学 美しい原理と恵み (サイエンス・パレット)
  3. 「えれめんトランプ2.0」が発売された
  4. 有機金属反応剤ハンドブック―3Liから83Biまで
  5. 分子光化学の原理
  6. Small Molecule Medicinal Chemist…
  7. Name Reactions: A Collection of …
  8. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授
  2. 近況報告PartIV
  3. シランカップリング剤入門【終了】
  4. ヒドロホルミル化反応 Hydroformylation
  5. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
  6. アルゼンチン キプロス
  7. 2013年ケムステ人気記事ランキング
  8. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl
  9. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation
  10. テトラメチルアンモニウム (tetramethylammonium)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

PAGE TOP