[スポンサーリンク]


2020年 1月 11日

  1. 留学生がおすすめする「大学院生と考える日本のアカデミアの将来2020」

    はじめに最初に軽い自己紹介をしたいと思います。私は日本で学士取得後、直接海外の大学院に留学して博士課程に在籍中です。年中高温多湿の地域で超“air and moisture sensitive”な化合物を扱うというチャレンジングな研究を…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ① 「ほんとスタンド」 の巻
  2. 産業界のニーズをいかにして感じとるか
  3. IR情報から読み解く大手化学メーカーの比較
  4. アレーン類の直接的クロスカップリング
  5. BASFとはどんな会社?-2
  6. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  7. 窒素固定をめぐって-1

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP