[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

カンファー(camphor)

Cinnamomum camphora(クスノキ科Lauraceae)の木部より取れる精油の主成分である。モノテルペン。日本語では、樟脳、カンファーいずれの名称でも呼ばれる。IUPAC命名法では、1,7,7-Trimethylbicyclo[2.2.1]heptan-2-one

血行促進作用や鎮痛作用、消炎作用などがあるために主に外用医薬品の成分として使用されている。

生合成

ゲラニル二リン酸(GPP)の異性体であるリナリル二リン酸(LPP)から生じたアリルカチオンが生じる。環化反応の後ボルニルカチオンが生じる。

ボルネオール(borneol)は、ボルニルカチオン(bornyl cation)が水と反応し生成し、その第二級アルコールが酸化され、ケトン体であるカンファー(camphor)が生成する。

camphor biosynthesis.jpg

 

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. メラトニン (melatonin)
  2. 酒石酸/Tartaric acid
  3. リベロマイシンA /Reveromycin A
  4. フルオキセチン(プロザック) / Fluoxetine (Pro…
  5. ブレオマイシン /Bleomycin
  6. 亜鉛クロロフィル zinc chlorophyll
  7. フルエッギン Flueggine
  8. メントール /menthol

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 炭素をBNに置き換えると…
  2. クラウス・ミューレン Klaus Müllen
  3. タミフルの効果
  4. カセロネス鉱山
  5. Grubbs第二世代触媒
  6. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表
  7. 硫黄化合物で新めっき 岩手大工学部
  8. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑧:ネオジム磁石の巻
  9. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応
  10. 有機合成化学協会誌10月号:不飽和脂肪酸代謝産物・フタロシアニン・トリアジン・アルカロイド・有機結晶

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP