[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

カンファー(camphor)

[スポンサーリンク]

Cinnamomum camphora(クスノキ科Lauraceae)の木部より取れる精油の主成分である。モノテルペン。日本語では、樟脳、カンファーいずれの名称でも呼ばれる。IUPAC命名法では、1,7,7-Trimethylbicyclo[2.2.1]heptan-2-one

血行促進作用や鎮痛作用、消炎作用などがあるために主に外用医薬品の成分として使用されている。

生合成

ゲラニル二リン酸(GPP)の異性体であるリナリル二リン酸(LPP)から生じたアリルカチオンが生じる。環化反応の後ボルニルカチオンが生じる。

ボルネオール(borneol)は、ボルニルカチオン(bornyl cation)が水と反応し生成し、その第二級アルコールが酸化され、ケトン体であるカンファー(camphor)が生成する。

camphor biosynthesis.jpg

 

ゼロ

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. チエナマイシン /thienamycin
  2. シコニン
  3. カルボプラチン /carboplatin
  4. ミノキシジル /Minoxidil
  5. アルファリポ酸 /α-lipoic acid
  6. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,…
  7. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)
  8. グルタミン酸 / Glutamic Acid

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ボリルアジドを用いる直接的アミノ化
  2. Jエナジーと三菱化が鹿島製油所内に石化製品生産設備を700億円で新設
  3. テトラサイクリン類の全合成
  4. デヴィッド・ミルステイン David Milstein
  5. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva
  6. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane
  7. ビタミンB12を触媒に用いた脱ハロゲン化反応
  8. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello
  9. クラウス・ビーマン Klaus Biemann
  10. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜

新参スタッフの DAICHAN です。前回の記事「その化合物、信じて大丈夫ですか…

第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

第130回の海外化学者インタビューはリサ・マックエルウィー=ホワイト教授です。フロリダ大学化学科に所…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP