[スポンサーリンク]


2020年 6月 16日

  1. 第95回―「生物学・材料化学の問題を解決する化学ツールの開発」Ivan Dmochowski教授

    第95回の海外化学者インタビューは、イヴァン・ドモコウスキー教授です。ペンシルバニア大学化学科に所属し、生物学や材料科学の長年の問題に対処するための化学ツールの開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&hel…

  2. 有機合成化学協会誌2020年6月号:Chaxine 類・前周期遷移金属ヒドリドクラスター・フッ化アシル・インドール ─2,3─エポキシド・プロトン応答性触媒・Z 型配位子

    有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年6月号がオンライン公開されました。筆…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 酵素触媒反応の生成速度を考える―ミカエリス・メンテン機構―
  2. 実験ワイプとタオルをいろいろ試してみた
  3. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明
  4. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupling
  5. α-トコフェロールの立体選択的合成
  6. 試薬会社にみるノーベル化学賞2010
  7. edXで京都大学の無料講義配信が始まる!

注目情報

最新記事

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

PAGE TOP