[スポンサーリンク]


2020年 6月 16日

  1. 第95回―「生物学・材料化学の問題を解決する化学ツールの開発」Ivan Dmochowski教授

    第95回の海外化学者インタビューは、イヴァン・ドモコウスキー教授です。ペンシルバニア大学化学科に所属し、生物学や材料科学の長年の問題に対処するための化学ツールの開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&hel…

  2. 有機合成化学協会誌2020年6月号:Chaxine 類・前周期遷移金属ヒドリドクラスター・フッ化アシル・インドール ─2,3─エポキシド・プロトン応答性触媒・Z 型配位子

    有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年6月号がオンライン公開されました。筆…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Density Functional Theory in Quantum Chemistry
  2. 研究倫理を問う入試問題?
  3. まず励起せんと(EnT)!光触媒で環構築
  4. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2023年版】
  5. カール・ダイセロス Karl Deisseroth
  6. 作った分子もペコペコだけど作ったヤツもペコペコした話 –お椀型分子を利用した強誘電体メモリ–
  7. NMRのプローブと測定(Bruker編)

注目情報

最新記事

マリンス有機化学(上)-学び手の視点から-

概要親しみやすい会話形式を用いた現代的な教育スタイルで有機化学の重要概念を学べる標準教科書.…

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

PAGE TOP