[スポンサーリンク]

爆薬

ヘキサニトロヘキサアザイソウルチタン / Hexanitrohexaazaisowurtzitane (HNIW)

HNIW.gif

ヘキサニトロヘキサアザイソウルチタン (Hexanitrohexaazaisowurtzitane)は、高性能爆薬の一種。HNIWと略称されるか、もしくはCL-20という名称で呼ばれる。

  • 歴史・用途

現在量産されている中で最強の爆薬。1987年にチオコール社のArnold Nielsonによって初めて合成された。

不安定なニトロ基を6つ持ち、かつ分子構造自体もひずみを持っているために爆発によって多大なエネルギーを放出する。

構造は理論計算によって予め設計され、その通りに合成されている。

  • 合成法

ベンジルアミンとグリオキサールを縮合させヘキサアザイソウルチタン骨格を作った後、それをニトロ化することで得られる。

  • 関連書籍
火薬と爆薬の化学
東海大学出版会
Tenney Lombard Davis(原著)姉川 愼一(翻訳)細谷 文夫(翻訳)
発売日:2006-03
火薬工学
森北出版
発売日:2001-07
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 火薬の知識
エネルギー物質の科学―基礎と応用
朝倉書店
John A. Conkling(原著)
発売日:1996-09
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 エネルギー物質の化学?
エネルギー物質ハンドブック
共立出版
火薬学会(編集)
発売日:1999-02
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 火薬を取り扱う者は読むこと
  • 関連リンク

ヘキサニトロヘキサアザイソウルチタン – Wikipedia
Hexanitrohexaazaisowurtzitane – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ヘロナミドA Heronamide A
  2. カルボラン carborane
  3. シコニン
  4. リピトール /Lipitor (Atorvastatin)
  5. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)
  6. チアミン (thiamin)
  7. アクリルアミド /acrylamide
  8. グルタミン酸 / Glutamic Acid

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始
  2. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー雑記編
  3. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  4. トビアス・リッター Tobias Ritter
  5. 2005年2月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  6. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  7. カルボラン carborane
  8. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益
  9. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifield
  10. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

PAGE TOP