[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第95回―「生物学・材料化学の問題を解決する化学ツールの開発」Ivan Dmochowski教授

[スポンサーリンク]

第95回の海外化学者インタビューは、イヴァン・ドモコウスキー教授です。ペンシルバニア大学化学科に所属し、生物学や材料科学の長年の問題に対処するための化学ツールの開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

物心ついたときから数学が好きで、物理世界を理解するために数学を応用することが好きでした。私はマサチューセッツ州ウッズホールの近くで育ちました。そのため、質の高い地元の科学フェアが開催され、そこでは「本物の科学者」が審査員を務めていました。独立した科学プロジェクトを企画し実行した経験は、科学研究への意欲をかきたててくれました。化学に興味を持ったのは高校時代からで、2人のとても良い化学の先生がいました。しかし、化学者についてあまり知らなかったので、化学の仕事に就こうと思ったことはありませんでした。

ハーバード大学の学部生だった私は、消去法で化学を専攻していました。3年生の時、ジョージ・ホワイトサイズ教授の研究室で働き、彼の研究室で行われている興味深いプロジェクトの幅広さと、彼が関わっている活動の幅の広さに驚かされました。これは私にとって大学の化学研究に初めて触れた機会であり、夢中になりました。化学という科学的な学問分野を使って、現実世界の難しい問題や面白い問題を解決できることにとても魅力を感じました。また、「残りの人生を学校で過ごす」ということや、広く旅をする機会があり、世界中に友人を作り、科学的な共同研究を追求できるということも魅力的でした。また、大学生であっても、自分の好きな問題を追求できること、上司のような監督がほとんどいないことも魅力的に感じました。大学時代に化学研究をしていたことがとても楽しくて、このまま続けようと思いました。化学の大学院を志望しましたが、Caltechのハリー・グレイ教授という素晴らしい指導者に出会い、化学の道を志すようになりました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

いろいろな職業に挑戦してみたいと思っていますが、最初に好きになったのは野球でした。メジャーリーグのピッチャーになれたら楽しいと思います。子供の頃はリトルリーグをやっていましたが、ピッチャーをしている時は特に試合の日を楽しみにしていました。ピッチャーは試合の結果をコントロールできますし、マウンドにいると時間の流れが遅くなります。一球一球を大切にしなければならないという気持ちと、勝負に勝つための精神的な課題が大好きです。オフシーズンには、野球選手は地域社会で多くの良いことをする機会にも恵まれています。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

いい質問です。化学の仕事をしていて最も好きな一つは、様々な世界への扉を開けることです。実際、多くの仕事を行う上で、化学は素晴らしい訓練になります。一般の人々は、科学が富と健康を生み出す企業体であることを忘れていると思います。化学者は新薬の開発によって何百万人もの人々の生活を向上させてきましたし、多くの繁栄企業を生み出してきました。また化学者は、授業中の学生や一般市民の教育者としても優れています。研究室運営マネジメント面での貢献もあってか、多くの大学の学長は化学者です。化学者は、世界をより清潔かつ健康的で、より持続可能な場所にする新薬・新素材・新プロセスを設計し、その過程で何百万人もの人々を雇用することで、多くの良いことができます。しかし、世界はまた、政治の場で活躍し、政府の最高レベルの役職に就くために、化学の代表者を切実に必要としています。エネルギーとヘルスケアの分野で地球は大きな課題に直面しており、化学者は、個人としても集団としてもこれらの課題に率先して取り組まなければなりません。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

歴史、特に科学史を勉強するのが好きです。アルベルト・アインシュタインと食事をして、彼がどのように世界を観察し、どのように問題を解決したかを知ることができれば素晴らしいと思います。また、彼にはユーモアのセンスがあったようですから、夕食会はとても楽しいものになると思います。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

時々、研究室の共焦点顕微鏡を使った実験を行っています。例えば最近は、麻酔薬の作用を調べるために蛍光プローブを開発する実験をしています。研究はとても楽しいのですが、時間がないときにはもどかしい思いをします。最近は、大学院生やポスドクが研究室で実験をしているのを見るのが楽しいですね。うまくいったときには、いいデータがたくさん出てきますからね。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

生き残るために新しい言語や珍しい技術を学ぶ必要がないと仮定して、おそらくシェイクスピアの全作品のコピーを持っていくでしょう。CDを持っていくことはないでしょう。一人でいるときは、たいてい平穏と静寂を楽しんでいます。もし実際に取り残されたなら、きっかけは何であれ滞在を続けようとするでしょう。

 

原文:Reactions – Ivan Dmochowski

※このインタビューは2008年12月19日に公開されました。

 

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授
  2. 第47回「目指すは究極の“物質使い”」前田和彦 准教授
  3. 第45回―「ナノ材料の設計と合成、デバイスの医療応用」Youna…
  4. 第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山…
  5. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser…
  6. 第145回―「ランタニド・アクチニド化合物の合成と分光学研究」C…
  7. 第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien…
  8. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart R…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第31回Vシンポ「精密有機構造解析」を開催します!
  2. いま企業がアカデミア出身者に期待していること
  3. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope (AFM)
  4. たったひとつのたんぱく質分子のリン酸化を検出する新手法を開発
  5. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで
  6. メガネが不要になる目薬「Nanodrops(ナノドロップス)」
  7. 触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究
  8. GlycoProfile アジド糖
  9. 抗がん剤などの原料の新製造法
  10. 研究室クラウド設立のススメ(経緯編)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP