[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第95回―「生物学・材料化学の問題を解決する化学ツールの開発」Ivan Dmochowski教授

[スポンサーリンク]

第95回の海外化学者インタビューは、イヴァン・ドモコウスキー教授です。ペンシルバニア大学化学科に所属し、生物学や材料科学の長年の問題に対処するための化学ツールの開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

物心ついたときから数学が好きで、物理世界を理解するために数学を応用することが好きでした。私はマサチューセッツ州ウッズホールの近くで育ちました。そのため、質の高い地元の科学フェアが開催され、そこでは「本物の科学者」が審査員を務めていました。独立した科学プロジェクトを企画し実行した経験は、科学研究への意欲をかきたててくれました。化学に興味を持ったのは高校時代からで、2人のとても良い化学の先生がいました。しかし、化学者についてあまり知らなかったので、化学の仕事に就こうと思ったことはありませんでした。

ハーバード大学の学部生だった私は、消去法で化学を専攻していました。3年生の時、ジョージ・ホワイトサイズ教授の研究室で働き、彼の研究室で行われている興味深いプロジェクトの幅広さと、彼が関わっている活動の幅の広さに驚かされました。これは私にとって大学の化学研究に初めて触れた機会であり、夢中になりました。化学という科学的な学問分野を使って、現実世界の難しい問題や面白い問題を解決できることにとても魅力を感じました。また、「残りの人生を学校で過ごす」ということや、広く旅をする機会があり、世界中に友人を作り、科学的な共同研究を追求できるということも魅力的でした。また、大学生であっても、自分の好きな問題を追求できること、上司のような監督がほとんどいないことも魅力的に感じました。大学時代に化学研究をしていたことがとても楽しくて、このまま続けようと思いました。化学の大学院を志望しましたが、Caltechのハリー・グレイ教授という素晴らしい指導者に出会い、化学の道を志すようになりました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

いろいろな職業に挑戦してみたいと思っていますが、最初に好きになったのは野球でした。メジャーリーグのピッチャーになれたら楽しいと思います。子供の頃はリトルリーグをやっていましたが、ピッチャーをしている時は特に試合の日を楽しみにしていました。ピッチャーは試合の結果をコントロールできますし、マウンドにいると時間の流れが遅くなります。一球一球を大切にしなければならないという気持ちと、勝負に勝つための精神的な課題が大好きです。オフシーズンには、野球選手は地域社会で多くの良いことをする機会にも恵まれています。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

いい質問です。化学の仕事をしていて最も好きな一つは、様々な世界への扉を開けることです。実際、多くの仕事を行う上で、化学は素晴らしい訓練になります。一般の人々は、科学が富と健康を生み出す企業体であることを忘れていると思います。化学者は新薬の開発によって何百万人もの人々の生活を向上させてきましたし、多くの繁栄企業を生み出してきました。また化学者は、授業中の学生や一般市民の教育者としても優れています。研究室運営マネジメント面での貢献もあってか、多くの大学の学長は化学者です。化学者は、世界をより清潔かつ健康的で、より持続可能な場所にする新薬・新素材・新プロセスを設計し、その過程で何百万人もの人々を雇用することで、多くの良いことができます。しかし、世界はまた、政治の場で活躍し、政府の最高レベルの役職に就くために、化学の代表者を切実に必要としています。エネルギーとヘルスケアの分野で地球は大きな課題に直面しており、化学者は、個人としても集団としてもこれらの課題に率先して取り組まなければなりません。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

歴史、特に科学史を勉強するのが好きです。アルベルト・アインシュタインと食事をして、彼がどのように世界を観察し、どのように問題を解決したかを知ることができれば素晴らしいと思います。また、彼にはユーモアのセンスがあったようですから、夕食会はとても楽しいものになると思います。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

時々、研究室の共焦点顕微鏡を使った実験を行っています。例えば最近は、麻酔薬の作用を調べるために蛍光プローブを開発する実験をしています。研究はとても楽しいのですが、時間がないときにはもどかしい思いをします。最近は、大学院生やポスドクが研究室で実験をしているのを見るのが楽しいですね。うまくいったときには、いいデータがたくさん出てきますからね。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

生き残るために新しい言語や珍しい技術を学ぶ必要がないと仮定して、おそらくシェイクスピアの全作品のコピーを持っていくでしょう。CDを持っていくことはないでしょう。一人でいるときは、たいてい平穏と静寂を楽しんでいます。もし実際に取り残されたなら、きっかけは何であれ滞在を続けようとするでしょう。

 

原文:Reactions – Ivan Dmochowski

※このインタビューは2008年12月19日に公開されました。

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第105回―「低配位有機金属錯体を用いる触媒化学」Andrew …
  2. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Sh…
  3. 第74回―「生体模倣型化学の追究」Ronald Breslow教…
  4. 第94回―「化学ジャーナルの編集長として」Hilary Cric…
  5. 第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授…
  6. 第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan …
  7. 第45回「天然物合成化学の新展開を目指して」大栗博毅教授
  8. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空気酸化反応
  2. 日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム
  3. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験
  4. (−)-Salinosporamide Aの全合成
  5. ブラシノステロイド (brassinosteroid)
  6. ブレイズ反応 Blaise Reaction
  7. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long
  8. シュミット転位 Schmidt Rearrangement
  9. 4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethylamino)benzenethiol
  10. 安達 千波矢 Chihaya Adachi

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます…

【日産化学】新卒採用情報(2022卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造|オンライン R2

詳細・お申込みはこちら日時令和3年 2月18日、25日(木) 基礎編        …

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解で起こる現象編~

化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDなど、エレクトロ…

Machine learning-driven optimization in powder manufacturing of Ni-Co based superalloy

NIMS は、機械学習を適用することで、航空機エンジン用材料として有望な Ni-Co 基超合金の高性…

実験白衣を10種類試してみた

化学実験関連商品紹介動画シリーズ第二弾です。前回は実験メガネを紹介しました。今回は実験メガネ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP