[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride

概要

水素化ホウ素亜鉛Zn(BH4)2はZnCl2とNaBH4から調製される還元剤である。この形状にすることによって1,2-還元を優先的に起こすことが可能になる。加えて、ケトン存在下にアルデヒドを、共役ケトンよりも非共役ケトンを優先的に還元できるようになる。

また、配位性官能基を介したキレート遷移状態を経由することで、ジアステレオ選択的な還元を起こすことも可能。

基本文献

反応機構

ジアステレオ選択的還元過程の立体発現は亜鉛のキレーションモデルによって説明が可能。

反応例

ZnBH4_2

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ストーク エナミン Stork Enamine
  2. ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefinatio…
  3. マクマリーカップリング McMurry Coupling
  4. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von…
  5. 酵素による光学分割 Enzymatic Optical Reso…
  6. 水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウム Red…
  7. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis
  8. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 野依記念物質科学研究館
  2. 米FDA立て続けに抗肥満薬承認:Qsymia承認取得
  3. 元素名を名字にお持ちの方〜
  4. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  5. 日本化学会第85回春季年会
  6. エーテル系保護基 Ether Protective Group
  7. 官能基「プロパルギル基」導入の道
  8. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?
  9. 液クロ虎の巻シリーズ
  10. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP