[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride

[スポンサーリンク]

概要

水素化ホウ素亜鉛Zn(BH4)2はZnCl2とNaBH4から調製される還元剤である。この形状にすることによって1,2-還元を優先的に起こすことが可能になる。加えて、ケトン存在下にアルデヒドを、共役ケトンよりも非共役ケトンを優先的に還元できるようになる。

また、配位性官能基を介したキレート遷移状態を経由することで、ジアステレオ選択的な還元を起こすことも可能。

基本文献

反応機構

ジアステレオ選択的還元過程の立体発現は亜鉛のキレーションモデルによって説明が可能。

反応例

ZnBH4_2

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マーティンスルフラン Martin’s Sulfur…
  2. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model
  3. コーリー・ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter O…
  4. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  5. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovs…
  6. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (Ru…
  7. アフマトヴィッチ反応 Achmatowicz Reaction
  8. MSH試薬 MSH reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成
  2. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(後編)~
  3. SPhos
  4. 触媒討論会に行ってきました
  5. ボリルアジドを用いる直接的アミノ化
  6. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  7. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I
  8. 隣接基関与 Neighboring Group Participation
  9. マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt
  10. 池田 富樹 Tomiki Ikeda

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトン…

ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?

5月11日で化学の情報サイトケムステは開設21周年を迎えます。これまで記事中心の活動を行ってきました…

化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編

前回の化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編では、Rを使ってエクセルにはできない回帰分析…

いろんなカタチの撹拌子を試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第5弾。今回は様々な化合物を反応させる際に必須な撹拌子(回転…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発

日本ゼオンは、理研、横浜ゴムと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の研究により、バイオ…

【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

第308回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(鈴木研究室)・張本 尚さんにお願い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP