[スポンサーリンク]


2020年 11月 03日

  1. ジアルキル基のC–H結合をつないで三員環を作る

    gem-ジアルキル基をもつハロゲン化アリールからのシクロプロパン合成法が開発された。パラジウム触媒、塩基としてピバル酸カリウムを作用させるだけで、二つの分子内C–H結合活性化が進行する。C–H活性化によるシクロプロパン合成シクロプロ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで
  2. フラーレン /Fullerene
  3. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字
  4. フラクタルな物質、見つかる
  5. ワムシが出す物質でスタンする住血吸虫のはなし
  6. 有機アジド(3):アジド導入反応剤
  7. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 1: ヒノキの精油で和歌山みかんを活性化–

注目情報

最新記事

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

PAGE TOP