[スポンサーリンク]


2020年 11月 03日

  1. ジアルキル基のC–H結合をつないで三員環を作る

    gem-ジアルキル基をもつハロゲン化アリールからのシクロプロパン合成法が開発された。パラジウム触媒、塩基としてピバル酸カリウムを作用させるだけで、二つの分子内C–H結合活性化が進行する。C–H活性化によるシクロプロパン合成シクロプロ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 北川 進 Susumu Kitagawa
  2. マンダム、不快刺激が少なく持続的な清涼成分を発見 ~夏をより快適に過ごすための研究~
  3. 株式会社ユーグレナ マザーズに上場
  4. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー3
  5. 有機化学系ラボで役に立つ定番グッズ?100均から簡単DIYまで
  6. C&EN コラム記事 ~Bench & Cubicle~
  7. 第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony Coleman教授

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP