[スポンサーリンク]

ドイツ

リンダウ島インセルホール

[スポンサーリンク]

ノーベル賞学者と若手科学者の交流会・リンダウ・ノーベル賞受賞者会議が毎年行われる会場がここです。

概要

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel Laureate Meeting)は、世界各国の若手研究者の育成を目的とした交流会議の一つです。ドイツの保養地リンダウにおいて、毎年一週間程度の日程で開催されている会議です。

その講演会場となるのが、リンダウ島の中にあるInselhalleです。

 

マップ


大きな地図で見る

チェックイン!

アルバム

関連動画

参考文献

関連書籍

 

外部リンク

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 品川硝子製造所跡(近代硝子工業発祥の碑)
  2. 科学警察研究所
  3. Bergfriendhof (山の墓地)
  4. 産総研 地質標本館
  5. エッフェル塔
  6. 中谷宇吉郎 雪の科学館
  7. 筑波山
  8. 化学遺産財団

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する
  2. Wileyより2つのキャンペーン!ジャーナル無料進呈と書籍10%引き
  3. 有機色素の自己集合を利用したナノ粒子の配列
  4. 光薬理学 Photopharmacology
  5. Amazonを上手く使って書籍代を節約する方法
  6. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin
  7. 低分子化合物の新しい合成法 コンビナトリアル生合成 生合成遺伝子の利用法 Total Synthesis vs Total Biosynthesis
  8. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・安全なアルコール酸化触媒~
  9. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  10. 有機光触媒を用いたポリマー合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP