[スポンサーリンク]


2021年 3月 02日

  1. 富士フイルム和光純薬がケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

    ケムステVシンポとともにケムステオンライン講演会の両輪をなすケムステVプレミアクチャー(Vプレレク)。第一回は少し前ですが、11月末に行われました。違いは、Vシンポが生放送、講演者が3〜4名の生放送に対して、Vプレレクは収録放送で1…

  2. ホウ素でがんをやっつける!

    「ホウ素」と言ったときに皆さんは何を思い浮かべますか?鈴木宮浦カップリング、ルイス酸(BF3…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マイクロ波合成装置の最先端!
  2. 計算化学者は見下されているのか? Part 1
  3. ジョン・フェン John B. Fenn
  4. アスタチンを薬に使う!?
  5. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)
  6. 2次元分子の芳香族性を壊して、ホウ素やケイ素を含む3次元分子を作る
  7. 2023年から始めるマテリアルズ・インフォマティクスの進め方 〜<期間限定>MIスターティングパッケージ企画もご紹介〜

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP