[スポンサーリンク]


2021年 3月 10日

  1. 酵素触媒反応の生成速度を考える―ミカエリス・メンテン機構―

    hodaです。酵素はすごい触媒だなあと思っています。今回は学部の物理化学等で学ぶ、酵素触媒反応における生成物の生成速度を求めるミカエリス・メンテン機構の話です。ミカエリス·メンテン機構とはミカエリス・メンテン機構(速度論)は19…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授
  2. ジョージ・スミス George P Smith
  3. 糖鎖を化学的に挿入して糖タンパク質を自在に精密合成
  4. SNS予想で盛り上がれ!2020年ノーベル化学賞は誰の手に?
  5. 安達 千波矢 Chihaya Adachi
  6. 超強塩基触媒によるスチレンのアルコール付加反応
  7. C-CN結合活性化を介したオレフィンへの触媒的不斉付加

注目情報

最新記事

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

PAGE TOP