[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本コンピュータ化学会2005秋季年会


コンピューター日本コンピュータ化学会2005秋季年会

主催: 日本コンピュータ化学会(SCCJ)

共催:日本化学会情報化学部会、日本薬学会、日本応用数理学会計算材料化学研究部会

日時: 2005年10月15日(土) ~16日(日)

場所: 徳島大学 蔵本キャンパス 長井記念ホール

内容: 計算化学(分子軌道法、分子力学法、分子動力学法、モンテカルロ法など)、理論化学(電子状態理論など)、情報化学(データベース、ケモメトリックスなど)、数理化学、コンピュータ支援化学教育、その他、コンピュータ化学に関する研究発表

?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 富大工学部実験研究棟で火事
  2. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  3. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  4. L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者
  5. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  6. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?
  7. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表
  8. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018
  2. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction
  3. 「科学者の科学離れ」ってなんだろう?
  4. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応
  5. ハリー・グレイ Harry B. Gray
  6. 2012年ケムステ人気記事ランキング
  7. 国武 豊喜 Toyoki Kunitake
  8. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾
  9. 光親和性標識法の新たな分子ツール
  10. 親子で楽しめる化学映像集 その2

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP