[スポンサーリンク]


2021年 9月 04日

  1. ベックマン開裂 Beckmann Fragmentation

    概要ケトキシムのN-O開裂を駆動力としてカチオン性転位を進行させる反応(ベックマン転位)において、オキシムα位置換基がカルボカチオンを安定化させる場合、ニトリルとカルボカチオンを与える開裂反応が競合する。これをベックマン開裂(Beckm…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ビッグデータが一変させる化学研究の未来像
  2. とある社長の提言について ~日本合成ゴムとJSR~
  3. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  4. 第72回―「タンパク質と融合させた高分子材料」Heather Maynard教授
  5. もう入れたよね?薬学会年会アプリ
  6. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門』【終了】
  7. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP