[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。

今月号のキーワードは、

「触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素」

です。今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

◯論で忙しい時期ですね。私も◯論で忙しすぎてなんかハイになってしまっています。

そんなときだからこそ、息抜きも兼ねて有機合成化学協会誌をじっくり読みたいです。

今月号も盛りだくさんの内容となっています。

追悼:向山光昭先生を悼む

東京工業大学 鈴木啓介教授による追悼記事です。

みなさんご存知のように、昨年11月、向山光昭先生がお亡くなりになりました。本記事では、向山先生が化学界に与えた影響の大きさはもちろん、先生のお人柄の素晴らしさを改めて感じることができます。謹んでご冥福をお祈り致します。

巻頭言:リベラルな有機合成化学

今月号は筑波大学大学院 木越英夫教授による巻頭言です。

「自由になった有機合成化学は何を目指すか」

読者にも強く問いかける内容になっています。オープンアクセスです。

有機分子の触媒的脱水素化を基軸とする効率的有機合成ならびに水素貯蔵・水素製造

京都大学大学院人間・環境学研究科相関環境学専攻 藤田健一*

平成29年度有機合成化学協会 東ソー・環境エネルギー賞

精密にデザインされた均一系イリジウム触媒が魅せる触媒的脱水素反応・・・有機化合物の連続的水素化・脱水素化プロセスを極め、水素社会の実現に貢献する藤田教授らの総合論文をお見逃しなく!

銅近傍反応場が実現する官能性第三級アルキル基導入反応開発

山口大学大学院創成科学研究科 西形孝司*

2017年度有機合成化学奨励賞受賞

これぞラジカル化学の新機軸!ラジカル種の反応性を巧みに制御して官能性第三級アルキル基を導入する新手法の開発研究が、詳細かつ丁寧に紹介されています。

二量体型リコポジウムアルカロイド・コンプラナジンAおよびBの全合成

東北大学大学院理学研究科 趙 楽、權 垠相、平間正博
京都大学大学院薬学研究科 竹本佳司、塚野千尋*

世界の著名な化学者としのぎを削ったコンプラナジン類の全合成の詳細が述べられています。合成戦略の着想や、研究途中でたちはだかった壁と、それを打ち破るための取り組み、結果の冷静な分析が語られるのみならず、合成した天然物の活性評価まで紹介されている、全合成研究の醍醐味が存分に味わえる総説です。

多成分集積を指向した合成のためのアライン化学

東京医科歯科大学生体材料工学研究所 内田圭祐、吉田 優*、細谷孝充*

ベンゼン環の一部が三重結合になった短寿命化学種アラインはその反応制御の困難さから、合成中間体としての利用は限定的であった。本稿では、アライン前駆体の修飾や、アライン変換後のクリック反応やクロスカップリング反応を実現し、アラインを多能性中間体として利用する化学を確立している。

生体内でのパターン認識を可能とする次世代糖鎖クラスター

理化学研究所 小椋章弘、田中克典*

本稿では、理研クリック反応とひずみ解消クリック反応を併用することで、生体内環境を模倣した巨大な糖鎖クラスター分子を精密に作り分ける方法論を確立し、その弱い相互作用から解析が困難であった生体内における糖鎖機能の一端を明らかにしている。

サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素の合成化学的研究

岡山大学大学院環境生命科学研究科 清田洋正*

イネ最大の病害はいもち病です。原因菌の毒素サリチルアルデヒド類の、Wittig転位や金属クロスカップリングを用いた全合成・生合成研究が解説されています。いもち病菌毒素は、培養手段によって、光学活性体であったり、ラセミ体であったり、また、アルデヒドとアルコールが平衡?であることも示唆されています。

Rebut de Debut

今月号のRebut de Debutは3件あります。全てオープンアクセスですので、ぜひご覧ください。

アゾール化合物から発生する金属カルベン種を鍵とした多様な分子変換反応(相模中央化学研究所)中野 健央

現在でも新知見が見出されるビニルシクロプロパン転位反応明治薬科大学)田湯 正法

共有結合性有機構造体(COF)の合成と性質(産業技術総合研究所)加藤 南

感動の瞬間(Eureka Moment in My research):錯体合成から触媒機能の発掘,そしてまた錯体へ

感動の瞬間(Eureka Moment in My research)の第八弾は、名古屋大学 西山 久雄 名誉教授による寄稿記事です。

ご自身の代表的な分子であるビスオキサゾリニルピリジン(Pybox)にまつわる感動秘話が描かれています。オープンアクセスですのでぜひご一読ください。

 

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

関連記事

  1. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  2. 水から電子を取り出す実力派触媒の登場!
  3. フラクタルな物質、見つかる
  4. GRE Chemistry 受験報告 –試験当日·結果発表編–
  5. グリコシル化反応を楽にする1位選択的”保護̶…
  6. 貴金属に取って代わる半導体触媒
  7. 遷移金属を用いない脂肪族C-H結合のホウ素化
  8. 電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケイ素置換gem-二クロムメタン錯体の反応性と触媒作用
  2. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib
  3. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe
  4. フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)
  5. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ketene Cycloaddition
  6. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成
  7. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明
  8. Heterocyclic Chemistry
  9. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement
  10. 最近の有機化学注目論文3

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP