[スポンサーリンク]


2021年 10月 14日

  1. ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

    塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに適用できる。還元剤として用いたギ酸ナトリウムが本手法の鍵である。ギ酸ナトリウムを用いた新たな光触媒系の開発アリールラジカルは多様な変…

  2. 料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

    (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「生物素材で新規構造材料を作り出す」沼田 圭司 教授
  2. 日本精化ってどんな会社?
  3. 研究のための取引用語
  4. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet
  5. 有機合成化学協会誌2021年4月号:共有結合・ゲル化剤・Hoveyda-Grubbs型錯体・糸状菌ジテルペノイドピロン・Teleocidin B
  6. 高知・フュルスナー クロスカップリング Kochi-Furstner Cross Coupling
  7. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser

注目情報

最新記事

データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

2022.5.20 追記: 問3の構造式を訂正しました。薬剤師国家試験は、医…

化学知識の源、化学同人と東京化学同人

化学の専門家なら化学同人と東京化学同人の教科書や参考書を必ず一冊は購入したことがあると思います。この…

天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門

概要使いやすさと実行速度を兼ね備えた注目のプログラミング言語Julia.世界の天才プ…

【Spiber】新卒・中途採用情報

【会社が求める人物像】私たちの理念や取り組みに共感し、「人を大切にする」とい…

PAGE TOP