[スポンサーリンク]


2023年 4月 22日

  1. 光学活性なα-アミノホスホン酸類の環境に優しい新規合成法を開発

    第505回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府 創薬科学専攻 環境調和創薬化学分野(大嶋研)の山田 昂輝(やまだ こうき)さんと2023年3月まで在籍されていた近藤 優太(こんどう ゆうた)博士にお願いしました。大嶋研究…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 春田 正毅 Masatake Haruta
  2. 第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授
  3. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん
  4. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)
  5. 岸 義人 Yoshito Kishi
  6. アメリカ化学留学 ”立志編 ーアメリカに行く前に用意すること?ー”!
  7. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する

注目情報

最新記事

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

PAGE TOP