[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑制成分の開発に成功

ライオン株式会社(社長・藤重 貞慶)ビューティケア研究所と生物科学センターは、『制汗デオドラント剤』の開発にあたり多面的な研究を進めております。この度は、女性にとって”不快”に感じる「男性の体臭」の原因物質が「アンドロステノン」であることを明らかにし、この体臭が増強されるメカニズムを解明するとともに、「男性の体臭」を抑制する成分の開発に成功いたしました。(引用: 日経プレスリリース)

 

アンドロステロンとは右のようなステロイド系の化合物です。こんなのが不快なにおいの原因なんですね。

いろんな化合物を扱っていますが、意外と生活臭のするくさいものって多いんですよね。たとえばバレルアルデヒドはかなりくさい足のにおい、こないだ作った有機鈴試薬は洗濯物が生乾きのにおいがしました。明らかに、生活からほど遠い匂いだといいのですが、生活している中でくさいと感じるにおいの化合物を扱うと結構病むものです・・(苦笑)。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する
  2. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化
  3. <飲む発毛薬>万有製薬に問い合わせ殺到
  4. BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!
  5. グラクソ、糖尿病治療薬「ロシグリタゾン」が単独療法無効のリスクを…
  6. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に
  7. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1…
  8. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 工業製品コストはどのように決まる?
  2. 黒田チカ Chika Kuroda
  3. 後発医薬品、相次ぎ発売・特許切れ好機に
  4. 藤沢の野鳥変死、胃から農薬成分検出
  5. 房総半島沖350キロに希少金属 広範囲に
  6. クレイグ・ヴェンター J. Craig Venter
  7. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition
  8. 私がケムステスタッフになったワケ(4)
  9. “アルデヒドを移し替える”新しいオレフィン合成法
  10. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP