[スポンサーリンク]


2023年 9月 25日

  1. SFTSのはなし ~マダニとその最新情報 後編~

    注意1:この記事は人によってはやや苦手と思われる画像を載せております ご注意ください注意2:厚生労働省の発信しているダニに関する情報が最も大事です リンク 是非ご一読ください注意3:ダニの概要を楽しく解説されている森林総合研究所 岡部女…

  2. 様々な化学分野におけるAIの活用

    ENEOS株式会社と株式会社Preferred Networks(PFN)は、2023年1月に石油精…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スイス医薬大手のロシュ、「タミフル」の生産能力を増強へ
  2. 役に立たない「アートとしての科学」
  3. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ① ~入門編~
  4. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(7年目)(留学後編)
  5. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体
  6. お前はもう死んでいる:不安定な試薬たち|第4回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  7. 超微量紫外可視分光光度計に新型登場:NanoDrop One

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP