[スポンサーリンク]

archives

高温焼成&乾燥プロセスの課題を解決! マイクロ波がもたらす脱炭素化と品質向上

[スポンサーリンク]

 

<内容>

脱炭素化と省エネに貢献するモノづくり技術の一つとして、昨今注目を集めているマイクロ波。当社は、2014年に世界で初めての化学工場を実証しました。その後、2017年 ショ糖エステル合成、2019年 ペプチド医薬合成、2021年PMMAリサイクル実証、そして今年は、カーボンファイバー製造の実証やインスタント食品の凍結乾燥など、これらを代表例として、幅広いプロセスへの適用を進めてまいりました。

本セミナーでは、その中でも、昨今の脱炭素に関連してニーズが増えている数百度以上の高温焼成プロセス、乾燥プロセスを中心にご紹介します。

【このような方におすすめ】

以下のような内容に関心のある方におすすめ

  • マイクロ波の原理、特長
  • マイクロ波設備の仕組み、構成
  • 高温焼成プロセス、乾燥プロセスの事例

 ■日時・申し込み先

2023年8月30日 (水) 13:30〜14:30

申し込みURL:https://mwcc230830.peatix.com/

■参加費用

 無料

■スピーカー

 和田 直之 / 研究開発部 グループリーダー

 パナソニック株式会社にてリチウムイオン電池の材料、設計、プロセス開発に従事。2019年にマイクロ波化学(株)に入社。

■主催

 マイクロ波化学株式会社

■問い合わせ先

 マイクロ波化学株式会社

  ホームページ:https://mwcc.jp/

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2009年人気記事ランキング
  2. マイクロ波によるケミカルリサイクル 〜PlaWave®︎の開発動…
  3. 【好評につきリピート開催】マイクロ波プロセスのスケールアップ〜動…
  4. ナノグラムの油状試料もなんのその!結晶に封じて分子構造を一発解析…
  5. 【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像…
  6. ニュースタッフ参加
  7. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」
  8. アジドインドリンを利用した深海細菌産生インドールアルカロイド骨格…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 界面活性剤 / surface-active agent, surfactant
  2. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】
  3. 科学を理解しようとしない人に科学を語ることに意味はあるのか?
  4. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法
  5. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーション) – Sankaran Thayumanavan教授
  6. アロイ・フュルスナー Alois Furstner
  7. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  8. “腕に覚えあり”の若手諸君、「大津会議」を目指そう!
  9. ポンコツ博士の海外奮闘録XVII~博士,おうちを去る~
  10. マンガでわかる かずのすけ式美肌化学のルール

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

Sim2Realマテリアルズインフォマティクス:データの乏しさを分子シミュレーションにより克服する

開催日:2024/07/10 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ある動脈硬化の現象とマイクロ・ナノプラスチックのはなし

Tshozoです。マイクロプラスチックについては以前から関連記事(1,2)を書いたり定期的に…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP