[スポンサーリンク]

archives

高温焼成&乾燥プロセスの課題を解決! マイクロ波がもたらす脱炭素化と品質向上

[スポンサーリンク]

 

<内容>

脱炭素化と省エネに貢献するモノづくり技術の一つとして、昨今注目を集めているマイクロ波。当社は、2014年に世界で初めての化学工場を実証しました。その後、2017年 ショ糖エステル合成、2019年 ペプチド医薬合成、2021年PMMAリサイクル実証、そして今年は、カーボンファイバー製造の実証やインスタント食品の凍結乾燥など、これらを代表例として、幅広いプロセスへの適用を進めてまいりました。

本セミナーでは、その中でも、昨今の脱炭素に関連してニーズが増えている数百度以上の高温焼成プロセス、乾燥プロセスを中心にご紹介します。

【このような方におすすめ】

以下のような内容に関心のある方におすすめ

  • マイクロ波の原理、特長
  • マイクロ波設備の仕組み、構成
  • 高温焼成プロセス、乾燥プロセスの事例

 ■日時・申し込み先

2023年8月30日 (水) 13:30〜14:30

申し込みURL:https://mwcc230830.peatix.com/

■参加費用

 無料

■スピーカー

 和田 直之 / 研究開発部 グループリーダー

 パナソニック株式会社にてリチウムイオン電池の材料、設計、プロセス開発に従事。2019年にマイクロ波化学(株)に入社。

■主催

 マイクロ波化学株式会社

■問い合わせ先

 マイクロ波化学株式会社

  ホームページ:https://mwcc.jp/

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 【速報】ノーベル化学賞2014ー超解像顕微鏡の開発
  2. ホウ酸団子のはなし
  3. CSJジャーナルフォーラム「ジャーナルの将来像を考える」
  4. 大学入試のあれこれ ①
  5. “腕に覚えあり”の若手諸君、「大津会議」…
  6. 世界で初めて一重項分裂光反応の静水圧制御を達成
  7. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成
  8. SPhos

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学反応を起こせる?インタラクティブな元素周期表
  2. スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement
  3. 目指せ!フェロモンでリア充生活
  4. 第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで|第6回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  5. 信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発
  6. 【11月開催】第十三回 マツモトファインケミカル技術セミナー   二酸化炭素を原料とした有機化学物質の合成における有機金属化合物触媒の利用
  7. 正立方体から六面体かご型に分子骨格を変える
  8. 人工プレゼン動画をつくってみた
  9. Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された
  10. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい糖分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP