[スポンサーリンク]


2024年 2月 06日

  1. 産総研で加速する電子材料開発

    産総研 マルチマテリアル研究部門の研究チームは、使用原料の種類・成形方法・焼結条件などの製造プロセス情報を用いて窒化ケイ素セラミックス焼結体の熱伝導率を高精度に予測する人工知能(AI)技術の確立に成功しました。 (引用:産総研プレスリリ…

  2. ポリマーを進化させる!機能性モノマーの力

    アゾ重合開始剤とその関連技術について学べるシリーズ第4弾!前回までの記事では、アゾ重合開始剤のラ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第163回―「微小液滴の化学から細胞系の仕組みを理解する」Wilhelm Huck教授
  2. C–H活性化反応ーChemical Times特集より
  3. Ph.D. Comics – Piled Higher and Deeper
  4. 第二回 水中で超分子化学を探る-Bruce Gibb教授-
  5. 「炭素ナノリング」の大量合成と有機デバイス素子の作製に成功!
  6. アメリカで医者にかかる
  7. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発

注目情報

最新記事

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

PAGE TOP