[スポンサーリンク]


化学地球儀アメリカ

  1. 化学遺産財団

    化学遺産財団(Chemical Heritage Foundation)は、化学を社会に啓蒙することを主旨として設立された財団の一つ。フィラデルフィアにその本部があります。1982年にアメリカ化学会とペンシルバニア大学に化学史センタ…

  2. フライデーハーバー研究所

    フライデー・ハーバー研究所(Friday Harbor Laboratory)は、ワシントン大学に属…

  3. スクリプス研究所

    スクリプス研究所(The Scripps Research Institute, TSRI)は、医薬…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimroth Rearrangement via A Conjugated 1,3-Dipole
  2. ダウ・ケミカル、液晶パネル用化学品をアジア生産へ
  3. トム・スタイツ Thomas A. Steitz
  4. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)
  5. 紫外線に迅速応答するフォトクロミック分子
  6. アジサイから薬ができる
  7. NMR化学シフト予測機能も!化学徒の便利モバイルアプリ

注目情報

最新記事

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

PAGE TOP