[スポンサーリンク]

D

ジイミド還元 Diimide Reduction

 

概要

アルキンをZ-オレフィンに還元する方法として、ジイミド還元が知られている。通常、前駆体から用時調製して用いる。

 

基本文献

 

反応機構

6中心遷移状態を経て、窒素の脱離を伴いながら水素が供給される。
yne-en13.gif

反応例

直田・今田らは、フラビン誘導体触媒存在下に、ヒドラジンから酸素酸化によってジイミドを生成するクリーンなプロセスを見いだしている。[1] diimide_3.gif
Fostriecinの合成[2]:スルホニルヒドラジンはジイミド前駆体として用いることができる。
diimide_4.gif
Pentacycloannamoxic acidの合成[3] diimide_5.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Imada,Y.; Iida, H.; Naota, T. J. Am. Chem. Soc. 2005127, 14544. DOI: 10.1021/ja053976q

[2] Trost, B. M.; Frederiksen, M. U.; Papillon, J. P. N.; Harrington, P. E.; Shin, S.; Shireman, B. T. J. Am. Chem. Soc. 2005127, 3666. DOI: 10.1021/ja042435i

[3] Mascitti, V.; Corey, E. J. J. Am. Chem. Soc, 2004126, 15664. DOI: 10.1021/ja044089a

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement…
  2. ヘテロ ディールス・アルダー反応 Hetero Diels-Al…
  3. マーデルング インドール合成 Madelung Indole S…
  4. キャロル転位 Carroll Rearrangement
  5. 水素化トリ(sec-ブチル)ホウ素リチウム/ナトリウム/カリウム…
  6. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodid…
  7. フリース転位 Fries Rearrangment
  8. ブレイズ反応 Blaise Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然の日焼け止め?
  2. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授
  3. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate
  4. フェントン反応 Fenton Reaction
  5. 合成化学の”バイブル”を手に入れよう
  6. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)
  7. ノーベル化学賞明日発表
  8. リチャード・シュロック Richard R. Schrock
  9. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  10. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP