[スポンサーリンク]

D

ジイミド還元 Diimide Reduction

 

概要

アルキンをZ-オレフィンに還元する方法として、ジイミド還元が知られている。通常、前駆体から用時調製して用いる。

 

基本文献

 

反応機構

6中心遷移状態を経て、窒素の脱離を伴いながら水素が供給される。
yne-en13.gif

反応例

直田・今田らは、フラビン誘導体触媒存在下に、ヒドラジンから酸素酸化によってジイミドを生成するクリーンなプロセスを見いだしている。[1] diimide_3.gif
Fostriecinの合成[2]:スルホニルヒドラジンはジイミド前駆体として用いることができる。
diimide_4.gif
Pentacycloannamoxic acidの合成[3] diimide_5.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Imada,Y.; Iida, H.; Naota, T. J. Am. Chem. Soc. 2005127, 14544. DOI: 10.1021/ja053976q

[2] Trost, B. M.; Frederiksen, M. U.; Papillon, J. P. N.; Harrington, P. E.; Shin, S.; Shireman, B. T. J. Am. Chem. Soc. 2005127, 3666. DOI: 10.1021/ja042435i

[3] Mascitti, V.; Corey, E. J. J. Am. Chem. Soc, 2004126, 15664. DOI: 10.1021/ja044089a

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reactio…
  2. ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadswor…
  3. スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement
  4. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker…
  5. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (Ru…
  6. モッシャー法 Mosher Method
  7. アッペル反応 Appel Reaction
  8. シャープレス・香月不斉エポキシ化反応 Sharpless-Kat…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クライゼン転位 Claisen Rearrangement
  2. ふにふにふわふわ☆マシュマロゲルがスゴい!?
  3. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II
  4. 工業製品コストはどのように決まる?
  5. 槌田龍太郎 Ryutaro Tsuchida
  6. DOIって何?
  7. 化学系企業の採用活動 ~現場の研究員視点で見ると~
  8. 結晶世界のウェイトリフティング
  9. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)
  10. 触媒的芳香族求核置換反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年5月号が先日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP