[スポンサーリンク]


化学地球儀ドイツ

  1. Stadtfriedhof (ゲッチンゲン市立墓地)

    概説Stadtfriedhof はドイツのゲッチンゲンにある、多数の化学者を含む数々の著名人が眠る市立の共同墓地。上の画像(Wikipediaより)はオットー・ハーンの墓標で、核分裂のモチーフが刻まれています。&nbsp…

  2. Bergfriendhof (山の墓地)

    概説Bergfriedhof はドイツのハイデルベルグにある、多数の化学者を含む数々の著名人が眠…

  3. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)

    ベンゼンのケクレ構造でしられる、アウグスト・ケクレの墓はドイツPoppelsdorfer Fr…

  4. リンダウ島インセルホール

    ノーベル賞学者と若手科学者の交流会・リンダウ・ノーベル賞受賞者会議が毎年行われる会場がここです。…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 祝5周年!-Nature Chemistryの5年間-
  2. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より
  3. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™
  4. 分子構造をモチーフにしたアクセサリーを買ってみた
  5. 有機合成化学協会誌2018年4月号:脱カルボニル型カップリング反応・キレートアミン型イリジウム触媒・キラルリン酸・アリル銅中間体・窒素固定
  6. 海洋天然物パラウアミンの全合成
  7. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

PAGE TOP