[スポンサーリンク]

一般的な話題

日化年会に参加しました:たまたま聞いたA講演より

[スポンサーリンク]

 先週の土曜から昨日まで、立命館大学(BKCキャンパス)で日本化学会年会が行われましたみんなオツカレ!

筆者は数年ぶり久々の参加で、発表なく聴講しただけでしたが疲れましたね何が疲れるって、社内の発表会とはやる気が違って発表してる方の真剣さが凄いですね!。特に一般A講演では「初めての発表」という方も多く、緊張がこちらに伝わってくるようでした。

もちろん特別講演や一般B講演は内容が濃く面白く、「なるほど」と説得性もある素晴らしい講演ばかり。一方で、10分で次、10分でまた次へと流れて行く一般A講演をくのは年会ならではの魅力。短時間で色々な研究を聞けてお得感満載、でも頭の切り替えが追いつかなくてパンク寸前でした。。。

今日はそんなA講演の中からたまたま聞いた1演題を、筆者の独断と偏見で紹介。

 

2-アルコキシピリジンからN置換ピリドンの合成

(3F5-44) 1価のイリジウムを触媒として用いた、炭素-酸素結合活性化を経る2-アルコキシピリジンからN置換ピリドンの合成
(早大先進理工)○笠直人・潘世光・柴田高範

130326-0002.jpg聴講メモ:演者らは(別目的での副反応から) 2-benzyloxypyridine がIr錯体触媒 10mol% [Ir(cod)2]BRAF により N-benzyloxypyridone へと変換される事を見いだした。一方、ベンジル炭素上をMe置換する(R2 = Ph, R3 = Me)と収率低下し、代わりに無置換ピリドンが副成する。副成物はβ-水素脱離によるものと考え、添加剤を検討したところNa塩 (1.1eq. NaOAc) 添加が効果的たっだ。アリル/ベンジル基のO→N移動ピリドン合成は既報であるが、本手法はアルキル基 (R2 = Et, R3 = Me)でも進行する (収率64%) 初例である。ベンジル位不斉炭素がキラルな基質では、残念ながら反応により光学収率が下がる。

 

置換ピリジンやピリドンは創薬化学ではよく用いる構造で、「水素結合能」「適度な脂溶性」「置換の多様性」などの面からドラッグデザインに使い易いフラグメントです。 一方、合成面ではこれらの作り分け、および構造解析が課題となります。

2-hydroxypyridine のアルキル化により合成しようとした場合、NとOの2つの反応点があるため、アルコキシピリジンとN-置換ピリドンの両方が得られる可能性があります。両方得られるたならば比較から構造決定し易いのですが、問題は選択的に一方が得られた場合で…

 「どうやって構造決定するの?」

いちおう、IR測定によりカルボニル振動が見えるかどうかは判断材料になりますが、「見えないからピリジン」って言って良いの?とか、そもそも他の位置にカルボニル置換基がある!とか、構造決定手段がIRのみというのはなかなかにリスキーです。かといってX線結晶構造解析する労力をかけるものか??

別経路として、2-halopyridineに求核置換でアルコキシを差す、という経路もあります。この場合、アルコキシピリジンのみが得られます。なので、構造決定に悩まずに済みますね。

 

「でもピリドン作りたかったら?」…困った

 そんなジレンマに悩むピリドンユーザーへの朗報。アルコキシピリジンを合成しておいて、それを移動させてN-置換ピリドンを合成するというのは、構造決定面でも有利な実にリーズナブルな分子変換だと感じました。まだearly workで「展開はこれから」という雰囲気でしたが、アルキル基のバリエーション、N2個の環への適用、光学収率の向上と夢が膨らみます。ぜひ使い易い反応に早く仕上げて頂きたいものです。期待しています。

 

 

年会の意義

読んだ人がどれだけ居るか知りませんが、プログラムの最初に玉尾会長と中條実行委員長の対談が載っております。年会の意義について「鍛錬と教育の”場”」「人と情報の出会いの”場”」と話しておられ、また「いろいろな方と出会うことによって”友=人脈”を作って欲しい」「年会に言ってこい。百人の友を作ってこい」と言われてます。

上記記事も(予習ではノーマークで)たまたま聞いた発表で「あれ?面白いかも」と思ったやつです。A講演の中でも素敵な”情報”との出会いがありますね。また”人”の面でも、ケムステスタッフ間交流のほか、お世話頂いた先生方/試薬会社さん、大学の先輩/後輩、あとはお世話になった「反応」の論文著者さん、面白かった講演演者さん等々様々な方々と交流させて頂きまして、大満足です。Facebookのお友達も10人増えました!

 

あれ、10人?玉尾会長設定の「100人」の1割ですか…残念w

 

関連記事

  1. 2014年ノーベル化学賞・物理学賞解説講演会
  2. 「科学者の科学離れ」ってなんだろう?
  3. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学…
  4. 3.11 14:46 ③ 復興へ、震災を教訓として
  5. 博士課程学生の経済事情
  6. 研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ①
  7. ダイヤモンドは砕けない
  8. イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 近況報告PartI
  2. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst
  3. マイルの寄付:東北地方太平洋沖地震
  4. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reaction
  5. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成
  6. クロスカップリング反応にかけた夢:化学者たちの発見物語
  7. 2018年 (第34回)日本国際賞 受賞記念講演会のお知らせ
  8. 「化学の匠たち〜情熱と挑戦〜」(日本化学会春季年会市民公開講座)
  9. ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応
  10. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP