[スポンサーリンク]

archives

BTQBT : BTQBT

B3612.gif

単一分子から成る有機半導体

 BTQBTは,その大きな分極構造により,良好な電気伝導性を示します(8.3×10-4 Scm-1:単結晶)。また,その結晶は有機半導体では珍しく,ホール効果を示します。X線結晶構造解析の結果から,結晶状態において各分子がほぼ一列に密に並んだ積層構造を形成し,分子間で強いHOMO-LUMO相互作用が働いていることが示唆されています。

Y. Yamashita, S. Tanaka, K. Imaeda, H. Inokuchi, M. Sano, J. Org. Chem. 1992, 57, 5517.

関連記事

  1. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylamm…
  2. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  3. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxye…
  4. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride…
  5. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanu…
  6. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  7. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  8. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 近況報告PartI
  2. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街
  3. “関節技”でグリコシル化を極める!
  4. Bayer/Janssen Rivaroxaban 国内発売/FDA適応拡大申請
  5. 共有結合性リガンドを有するタンパク質の網羅的探索法
  6. フェントン反応 Fenton Reaction
  7. 含ケイ素四員環-その2-
  8. 伊丹健一郎 Kenichiro Itami
  9. 博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度
  10. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP