[スポンサーリンク]

archives

BTQBT : BTQBT

B3612.gif

単一分子から成る有機半導体

 BTQBTは,その大きな分極構造により,良好な電気伝導性を示します(8.3×10-4 Scm-1:単結晶)。また,その結晶は有機半導体では珍しく,ホール効果を示します。X線結晶構造解析の結果から,結晶状態において各分子がほぼ一列に密に並んだ積層構造を形成し,分子間で強いHOMO-LUMO相互作用が働いていることが示唆されています。

Y. Yamashita, S. Tanaka, K. Imaeda, H. Inokuchi, M. Sano, J. Org. Chem. 1992, 57, 5517.

関連記事

  1. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  2. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline…
  3. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…
  4. 日本化学会と対談してきました
  5. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  6. ヘテロカンシラノール
  7. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和…
  8. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Horner-Emmons 試薬
  2. CAS番号の登録が1億個突破!
  3. 三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定
  4. 文献管理ソフトを徹底比較!
  5. 有機化学者のラブコメ&ミステリー!?:「ラブ・ケミストリー」
  6. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その1
  7. 自己組織化ホスト内包接による水中での最小ヌクレオチド二重鎖の形成
  8. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである
  9. 化学系学生のための就活2019
  10. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Condensation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

ピリドキサール生体模倣触媒によるアリールN-ホスフィニルイミン類とグリシン類の不斉マンニッヒ反応が報…

PAGE TOP