[スポンサーリンク]

archives

BTQBT : BTQBT

B3612.gif

単一分子から成る有機半導体

 BTQBTは,その大きな分極構造により,良好な電気伝導性を示します(8.3×10-4 Scm-1:単結晶)。また,その結晶は有機半導体では珍しく,ホール効果を示します。X線結晶構造解析の結果から,結晶状態において各分子がほぼ一列に密に並んだ積層構造を形成し,分子間で強いHOMO-LUMO相互作用が働いていることが示唆されています。

Y. Yamashita, S. Tanaka, K. Imaeda, H. Inokuchi, M. Sano, J. Org. Chem. 1992, 57, 5517.

関連記事

  1. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】
  2. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…
  3. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide…
  4. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tet…
  5. SelectfluorR
  6. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門
  7. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  8. ニュースタッフ追加

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クレメンゼン還元 Clemmensen Reduction
  2. 小松紘一 Koichi Komatsu
  3. アメリカ化学留学 ”入学審査 編”!
  4. 無限の可能性を秘めたポリマー
  5. パクリタキセル(タキソール) paclitaxel(TAXOL)
  6. 化学者の卵、就職活動に乗りだす
  7. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide SmI2
  8. サラシノール/Salacinol
  9. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発
  10. Kindle Paperwhiteで自炊教科書を読んでみた

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP