[スポンサーリンク]

archives

BTQBT : BTQBT

B3612.gif

単一分子から成る有機半導体

 BTQBTは,その大きな分極構造により,良好な電気伝導性を示します(8.3×10-4 Scm-1:単結晶)。また,その結晶は有機半導体では珍しく,ホール効果を示します。X線結晶構造解析の結果から,結晶状態において各分子がほぼ一列に密に並んだ積層構造を形成し,分子間で強いHOMO-LUMO相互作用が働いていることが示唆されています。

Y. Yamashita, S. Tanaka, K. Imaeda, H. Inokuchi, M. Sano, J. Org. Chem. 1992, 57, 5517.

関連記事

  1. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tet…
  2. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyacetic…
  3. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  4. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…
  5. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  6. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  7. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  8. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本薬学会第125年会
  2. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride
  3. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事
  4. 力学的エネルギーで”逆”クリック!
  5. マイクロ波とイオン性液体で単層グラフェン大量迅速合成
  6. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より
  7. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  8. NMR in Organometallic Chemistry
  9. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tetrakis(triphenylphosphine)palladium(0)
  10. 1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP