[スポンサーリンク]

archives

BTQBT : BTQBT

[スポンサーリンク]

B3612.gif

単一分子から成る有機半導体

 BTQBTは,その大きな分極構造により,良好な電気伝導性を示します(8.3×10-4 Scm-1:単結晶)。また,その結晶は有機半導体では珍しく,ホール効果を示します。X線結晶構造解析の結果から,結晶状態において各分子がほぼ一列に密に並んだ積層構造を形成し,分子間で強いHOMO-LUMO相互作用が働いていることが示唆されています。

Y. Yamashita, S. Tanaka, K. Imaeda, H. Inokuchi, M. Sano, J. Org. Chem. 1992, 57, 5517.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. iphone用サイトを作成
  2. 活性マグネシウム
  3. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  4. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  5. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】
  6. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  7. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  8. ニュースタッフ参加

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement
  2. ヘリウム不足いつまで続く?
  3. Reaxys PhD Prize再開!& クラブシンポジウム2019参加者募集
  4. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進
  5. varietyの使い方
  6. リガンド革命
  7. ジェームス・ツアー James M. Tour
  8. 直接クプラート化によるフルオロアルキル銅錯体の形成と応用
  9. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rule
  10. 新しい太陽電池ーペロブスカイト太陽電池とは

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP