[スポンサーリンク]

ドイツ

ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)

[スポンサーリンク]


ベンゼンのケクレ構造でしられる、アウグスト・ケクレの墓はドイツPoppelsdorfer Friedhofにあります。

  • 概要

ボン大学の教授であり化学構造でもっとも有名な”亀の甲”と呼ばれるベンゼンの構造を提唱しました。ベンゼンを二重結合と単結合が交互にならんだ構造(ケクレ構造)としたのです。またベンゼン環は2つのケクレ構造の間を振動しているという仮説を立てました。これにより、ベンゼン環の安定性は未だ説明出来ませんでしたが、2置換ベンゼンの異性体の数を説明できるようになり、ベンゼンを代表とする芳香環化学の整理、体系化に貢献しました。1896年にボンにて67歳の生涯を終えた後、ボンのポッペルスドルフ(Poppelsdorf)にある墓地でいまも眠っています。

 

  • 関連書籍
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. フライデーハーバー研究所
  2. ストックホルム市庁舎
  3. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する…
  4. 韮崎大村美術館
  5. ドミトリ・メンデレーエフの墓
  6. 中谷宇吉郎 雪の科学館
  7. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街
  8. 高峰譲吉の墓

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2018年10月号:生物発光・メタル化アミノ酸・メカノフルオロクロミズム・ジベンゾバレレン・シクロファン・クロミック分子・高複屈折性液晶・有機トランジスタ
  2. Natureが査読無しの科学論文サイトを公開
  3. 遷移金属の不斉触媒作用を強化するキラルカウンターイオン法
  4. 合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1~」
  5. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)
  6. L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者
  7. 劉 龍 Ryong Ryoo
  8. 第7回 慶應有機化学若手シンポジウム
  9. ライセルト インドール合成 Reissert Indole Synthesis
  10. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料” 有機半導体の世界』を開催します!

こんにちは、Spectol21です。作日、第16回ケムステVシンポが開催され、来週には第17回ケムス…

有機合成化学協会誌2021年6月号:SGLT2阻害薬・シクロペンチルメチルエーテル・4-メチルテトラヒドロピラン・糖-1-リン酸・新規ホスホジエステラーゼ阻害薬

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年6月号がオンライン公開されました。新…

フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ

第316回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻(野崎研究室)・金…

【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

これからの理系の転職について考えてみた

Employability(エンプロイアビリティ)という言葉をご存じでしょうか。…

日本で始まる最先端半導体の開発 ~多くの素材メーカーが参画~

半導体の受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が茨城県つくば市に研究開発拠点を新設し、最…

「リチウムイオン電池用3D炭素電極の開発」–Caltech・Greer研より

久々のケムステ海外研究記です。第40回はカリフォルニア工科大学(Caltech)材料科学科のPhD課…

ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物

gem-ジフルオロシクロプロパンを原料としたbranch選択的なモノフルオロアルケン合成法が開発され…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP