[スポンサーリンク]

ドイツ

ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)


ベンゼンのケクレ構造でしられる、アウグスト・ケクレの墓はドイツPoppelsdorfer Friedhofにあります。

  • 概要

ボン大学の教授であり化学構造でもっとも有名な”亀の甲”と呼ばれるベンゼンの構造を提唱しました。ベンゼンを二重結合と単結合が交互にならんだ構造(ケクレ構造)としたのです。またベンゼン環は2つのケクレ構造の間を振動しているという仮説を立てました。これにより、ベンゼン環の安定性は未だ説明出来ませんでしたが、2置換ベンゼンの異性体の数を説明できるようになり、ベンゼンを代表とする芳香環化学の整理、体系化に貢献しました。1896年にボンにて67歳の生涯を終えた後、ボンのポッペルスドルフ(Poppelsdorf)にある墓地でいまも眠っています。

 

  • 関連書籍
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学遺産財団
  2. 錬金術博物館
  3. 官営八幡製鐵所関連施設
  4. イトムカ鉱山
  5. リンダウ島インセルホール
  6. ストックホルム市庁舎
  7. アルゼンチン キプロス
  8. 住友化学歴史資料館

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. みんなーフィラデルフィアに行きたいかー!
  2. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  3. 「さびない鉄」産業界熱視線
  4. 富山化学 「YP-18 」の開発を開始
  5. サイエンス・コミュニケーションをマスターする
  6. ヘロナミドA Heronamide A
  7. Skype英会話の勧め
  8. 理研:23日に一般公開、「実験ジャー」も登場--和光 /埼玉
  9. バイエル薬品、アスピリンをモチーフにしたTシャツをユニクロで発売
  10. Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horner-Emmons Reagents

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP