[スポンサーリンク]

ケムステニュース

複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発

[スポンサーリンク]


 複雑な分子構造を持つ化合物を合成する革新的な手法を、名古屋大工学研究科の石原一彰教授(43)や坂倉彰講師(36)、鵜飼厚志・大学院生(25)らの研究チームが開発、22日付英科学誌「ネイチャー」(電子版)に発表する。複雑な化合物を、大量にかつ、環境に負担をかけないで作ることが可能になるという(引用:中日新聞)。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. セントラル硝子、工程ノウハウも発明報奨制度対象に
  2. 第一三共 抗インフルエンザ薬を承認申請
  3. 骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所
  4. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収
  5. トレハロースが癒着防止 手術に有効、東大など発表
  6. マスクの効果を実験的に証明した動画がYoutubeに公開
  7. 宝塚市立病院で職員が「シックハウス症候群」に…労基署が排気設備が…
  8. 中国産ウナギから合成抗菌剤、厚労省が検査義務づけ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光親和性標識法の新たな分子ツール
  2. ステファン・ヘル Stefan W. Hell
  3. セルロースナノファイバーの真価
  4. 続・名刺を作ろう―ブロガー向け格安サービス活用のススメ
  5. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane Rearrangement
  6. 信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)
  7. リンドラー還元 Lindlar Reduction
  8. 「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より
  9. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  10. コーンブルム ニトロ化反応 Kornblum Nitoration

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

(さらに…)…

第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP