[スポンサーリンク]

ケムステニュース

複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発


 複雑な分子構造を持つ化合物を合成する革新的な手法を、名古屋大工学研究科の石原一彰教授(43)や坂倉彰講師(36)、鵜飼厚志・大学院生(25)らの研究チームが開発、22日付英科学誌「ネイチャー」(電子版)に発表する。複雑な化合物を、大量にかつ、環境に負担をかけないで作ることが可能になるという(引用:中日新聞)。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化
  2. 相次ぐ海外化学企業の合併
  3. 新規作用機序の不眠症治療薬ベルソムラを発売-MSD
  4. 富大工学部実験研究棟で火事
  5. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  6. ナタデココ、次世代の薄型ディスプレー基板に活用
  7. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  8. 国際化学オリンピック開幕間近:今年は日本で開催!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ
  2. トーマス・トーレス Tomas Torres
  3. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  4. NHPI触媒によるC-H酸化 C-H Oxidation with NHPI Catalyst
  5. ジオキシラン酸化 Oxidation with Dioxirane
  6. ご注文は海外大学院ですか?〜選考編〜
  7. 菅沢反応 Sugasawa Reaction
  8. BASFクリエータースペース:議論とチャレンジ
  9. リッター反応 Ritter Reaction
  10. 塩化ラジウム223

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP