[スポンサーリンク]

ケムステニュース

複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発


 複雑な分子構造を持つ化合物を合成する革新的な手法を、名古屋大工学研究科の石原一彰教授(43)や坂倉彰講師(36)、鵜飼厚志・大学院生(25)らの研究チームが開発、22日付英科学誌「ネイチャー」(電子版)に発表する。複雑な化合物を、大量にかつ、環境に負担をかけないで作ることが可能になるという(引用:中日新聞)。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  2. 5年で57億円かかるエルゼビアの論文閲覧システムの契約交渉で大学…
  3. バイオディーゼル燃料による大気汚染「改善」への影響は……
  4. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ
  5. 医薬品の黄金世代到来?
  6. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字
  7. 2009アジアサイエンスキャンプ・参加者募集中!
  8. 風力で作る燃料電池

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 進撃のタイプウェル
  2. 2008年イグノーベル賞決定!
  3. 研究者のためのCG作成術③(設定編)
  4. クロム光レドックス触媒を有機合成へ応用する
  5. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成
  6. 大型期待の認知症薬「承認申請数年遅れる」 第一製薬
  7. イグ・ノーベル賞の世界展に行ってきました
  8. 化学系企業の採用活動 ~現場の研究員視点で見ると~
  9. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  10. がん細胞をマルチカラーに光らせる

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP