[スポンサーリンク]

archives

ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応

B2254ref.gif


鳶巣らは,ビス(ネオペンチルグリコラト)ジボロンを用いるアリールニトリルのロジウム(I)触媒によるホウ素化反応を報告しています。本報告によれば,ロジウム/キサントホス系触媒とDABCOの存在下では,置換基Rの種類に関係なく,炭素‐シアノ結合の開裂を経由してアリールボロン酸エステルが得られます。また,一般的な遷移金属触媒を用いた反応条件ではシアノ基は反応しないことを利用し,本法と他のホウ素化法を組み合わせる合成も行っています。本反応は,複雑なボロン酸誘導体の合成への新しい方法といえます。

M. Tobisu, H. Kinuta, Y. Kita, E. Remond, N. Chatani, J. Am. Chem. Soc. 2012, 134 , 115.

関連記事

  1. HTTPS化とサーバー移転
  2. 日本化学会と対談してきました
  3. C60MC12
  4. (R,R)-DIPAMP
  5. Gabriel試薬類縁体
  6. 進化する カップリング反応と 応用展開
  7. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  8. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ユネスコ女性科学賞:小林教授を表彰
  2. 穴の空いた液体
  3. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  4. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」
  5. 第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-
  6. 不安定な合成中間体がみえる?
  7. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupling of Enolate
  8. トビン・マークス Tobin J. Marks
  9. 槌田龍太郎 Ryutaro Tsuchida
  10. 今さら聞けないカラムクロマト

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP