[スポンサーリンク]

archives

ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応

[スポンサーリンク]

B2254ref.gif


鳶巣らは,ビス(ネオペンチルグリコラト)ジボロンを用いるアリールニトリルのロジウム(I)触媒によるホウ素化反応を報告しています。本報告によれば,ロジウム/キサントホス系触媒とDABCOの存在下では,置換基Rの種類に関係なく,炭素‐シアノ結合の開裂を経由してアリールボロン酸エステルが得られます。また,一般的な遷移金属触媒を用いた反応条件ではシアノ基は反応しないことを利用し,本法と他のホウ素化法を組み合わせる合成も行っています。本反応は,複雑なボロン酸誘導体の合成への新しい方法といえます。

M. Tobisu, H. Kinuta, Y. Kita, E. Remond, N. Chatani, J. Am. Chem. Soc. 2012, 134 , 115.

関連記事

  1. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tet…
  2. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  3. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー…
  4. 3-ベンジル-5-(2-ヒドロキシエチル)-4-メチルチアゾリウ…
  5. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  6. ODOOSをリニューアル!
  7. HTTPS化とサーバー移転
  8. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. インドール一覧
  2. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH
  3. 三菱化学、来年3月にナイロン原料の外販事業から撤退=事業環境悪化で
  4. 東京理科大学みらい研究室にお邪魔してきました
  5. ケムステスタッフ徹底紹介!
  6. 2005年9-10月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  7. ジイミド還元 Diimide Reduction
  8. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法
  9. アート オブ プロセスケミストリー : メルク社プロセス研究所での実例
  10. ご注文は海外大学院ですか?〜渡航編〜

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

セルロースナノファイバーの真価

お申込み・詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみ…

「日産化学」ってどんな会社?

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年10月号がオンライン公開されました。…

有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

以前お知らせしたとおり理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションして、特集記事を…

2019年ノーベル化学賞は「リチウムイオン電池」に!

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した旭化…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP