[スポンサーリンク]

archives

ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応

[スポンサーリンク]

B2254ref.gif


鳶巣らは,ビス(ネオペンチルグリコラト)ジボロンを用いるアリールニトリルのロジウム(I)触媒によるホウ素化反応を報告しています。本報告によれば,ロジウム/キサントホス系触媒とDABCOの存在下では,置換基Rの種類に関係なく,炭素‐シアノ結合の開裂を経由してアリールボロン酸エステルが得られます。また,一般的な遷移金属触媒を用いた反応条件ではシアノ基は反応しないことを利用し,本法と他のホウ素化法を組み合わせる合成も行っています。本反応は,複雑なボロン酸誘導体の合成への新しい方法といえます。

M. Tobisu, H. Kinuta, Y. Kita, E. Remond, N. Chatani, J. Am. Chem. Soc. 2012, 134 , 115.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. 向山酸化剤
  2. トリ-tert-ブチルホスホニウムテトラフルオロボラート:Tri…
  3. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  4. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】
  5. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  6. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  7. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  8. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘
  2. 単分子レベルでの金属―分子接合界面構造の解明
  3. 私達の時間スケールでみても、ガラスは固体ではなかった − 7年前に分からなかった問題を解決 −
  4. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyaura C-H Borylation
  5. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ
  6. ノーベル賞への近道?ー研究室におけるナレッジマネジメントー
  7. 広瀬すずさんがTikTok動画に初挑戦!「#AGCチャレンジ」を開始
  8. ジェームス・ツアー James M. Tour
  9. ヘキサメチレンテトラミン
  10. 三菱化学、酸化エチレン及びグリコールエーテルの価格を値上げ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ロピニロールのメディシナルケミストリー -iPS創薬でALS治療に光明-

神経難病における iPS 細胞創薬に基づいた医師主導治験を完了 -筋萎縮性側索硬化症(A…

令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議への参加者を募集しています。本会議は、世界各地の若手研究者の育…

【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

Carl Boschの人生 その10

Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP