[スポンサーリンク]

archives

ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応

[スポンサーリンク]

B2254ref.gif


鳶巣らは,ビス(ネオペンチルグリコラト)ジボロンを用いるアリールニトリルのロジウム(I)触媒によるホウ素化反応を報告しています。本報告によれば,ロジウム/キサントホス系触媒とDABCOの存在下では,置換基Rの種類に関係なく,炭素‐シアノ結合の開裂を経由してアリールボロン酸エステルが得られます。また,一般的な遷移金属触媒を用いた反応条件ではシアノ基は反応しないことを利用し,本法と他のホウ素化法を組み合わせる合成も行っています。本反応は,複雑なボロン酸誘導体の合成への新しい方法といえます。

M. Tobisu, H. Kinuta, Y. Kita, E. Remond, N. Chatani, J. Am. Chem. Soc. 2012, 134 , 115.

関連記事

  1. グラフェンの量産化技術と次世代デバイスへの応用【終了】
  2. 4-ベンゾイル安息香酸N-スクシンイミジル : N-Succin…
  3. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaph…
  4. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bi…
  5. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩…
  6. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ
  7. iphone用サイトを作成
  8. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マタタビの有効成分のはなし
  2. 学会風景2001
  3. 光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる
  4. 高知大が新エコ材料開発へ 産官共同プロジェクト
  5. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞
  6. 山本 尚 Hisashi Yamamoto
  7. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見
  8. シリカゲルの小ネタを集めてみた
  9. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する
  10. 研究室での英語【Part 2】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP