[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース環境化学

  1. 橘 熊野 Yuya Tachibana

    橘 熊野(たちばな ゆや、1975年–)は、日本の化学者である。専門は環境材料、高分子化学、有機化学、超分子化学。現在、群馬大学大学院理工学府 准教授。経歴1999 大阪府立大学工学部 卒業(高田 十志和 教授)2001 大阪府…

  2. ロバート・クラブトリー Robert H. Crabtree

    ロバート・H・クラブトリー(Robert H. Crabtree、1948年4月17日-(ロンド…

  3. 藤嶋 昭 Akira Fujishima

    藤嶋 昭(ふじしま あきら、1942年3月10日-)は、日本の化学者。東京大学特別栄誉教授。…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バイオ医薬 基礎から開発まで
  2. わずかな末端修飾で粘度が1万倍も変わる高分子
  3. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?
  4. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授
  5. フェノールのC–O結合をぶった切る
  6. 現代の錬金術?―ウンコからグラフェンをつくった話―
  7. 「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

注目情報

最新記事

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

PAGE TOP