[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ポリエチレンとポリプロピレン、7カ月ぶり値上げ浸透

代表的な合成樹脂ポリエチレンとポリプロピレンの国内価格が約7カ月ぶりに8%前後値上がりした。原油高を背景に石油化学各社が打ち出していた値上げを、需要家のフィルムや日用雑貨メーカーが受け入れた。原油高が顕著になった2004年から通算7回目の値上げ浸透となる。これを受けフィルムメーカーなどは製品転嫁に取り組むことになりそうだ。(引用:日本経済新聞)


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. サイエンスアワード エレクトロケミストリー賞の応募を開始
  2. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表
  3. 科学:太古の海底に眠る特効薬
  4. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打…
  5. EUで化学物質規制のREACHが施行
  6. 化学企業のグローバル・トップ50
  7. パラジウム価格上昇中
  8. 日本企業クモ糸の量産技術確立:強さと柔らかさあわせもつ究極の素材…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ピナー反応 Pinner Reaction
  2. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  3. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis
  4. ご長寿化学者の記録を調べてみた
  5. ダン・シングルトン Daniel Singleton
  6. そこまでやるか?ー不正論文驚愕の手口
  7. 水素 Hydrogen -最も基本的な元素で、燃料電池の原料
  8. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  9. Micro Flow Reactor ~革新反応器の世界~ (入門編)
  10. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part2】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP