[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース質量分析

  1. ジョン・フェン John B. Fenn

    ジョン・ベネット・フェン (John Bennett Fenn、1917年6月15日-2010年12月10日)は、アメリカの分析化学者である。「生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発」、とくにエレクトロスプレー…

  2. 田中耕一 Koichi Tanaka

    田中耕一(たなか こういち、1959年8月3日- )は、日本の化学者・エンジニアである。島津製作所フ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 科学雑誌 Newton 2019年6月号は化学特集!
  2. 抗がん剤などの原料の新製造法
  3. GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–
  4. Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介
  5. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxidation
  6. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost/Woodward Dihydroxylation
  7. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyde

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP