[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース石油化学

  1. ジェイ・キースリング Jay Keasling

    ジェイ・キースリング(Jay Keasling, 19XX年XX月XX日-)はアメリカの化学者。現在、カリフォルニア大学バークレー校教授である。経歴Education1986 B.S., University…

  2. ロイ・ペリアナ Roy A. Periana

    ロイ・A・ペリアナ(19x年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者、無機化学者である。スクリプスフ…

  3. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin

    イヴ・ショーヴァン(Yves Chauvin、1930年10月10日 -2015年1月28日)は、フ…

  4. ジョージ・オラー George Andrew Olah

    ジョージ・アンドリュー・オラー(George Andrew Olah、1927年5月27日-2017…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」
  2. 化学者のためのエレクトロニクス入門⑤ ~ディスプレイ分野などで活躍する化学メーカー編~~
  3. ふるい”で気体分離…京大チーム
  4. 化学のちからで抗体医薬を武装する
  5. 天然にある中間体から多様な医薬候補を創り出す
  6. ナノの世界に朗報?!-コラニュレンのkg合成-
  7. スナップタグ SNAP-tag

注目情報

最新記事

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

PAGE TOP