[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen

[スポンサーリンク]

エリック・N・ジェイコブセン (Eric N. Jacobsen、1960年2月22日-)は、アメリカの有機化学者である(写真:sigmaldrich.com)。米ハーバード大学教授。

経歴

1982 ニューヨーク大学 学士号取得 (Yorke E. Rhodes教授)
1986 カリフォルニア大学バークレー校 博士号取得 (R.G.Bergman教授)
1986 マサチューセッツ工科大学 博士研究員 (K.B.Sharpless教授)
1988 イリノイ大学シャンペイン・ウルバーナ 助教授
1991 イリノイ大学シャンペイン・ウルバーナ 准教授
1993 ハーバード大学教授

 

受賞歴

1994 アーサー・C・コープ スカラー賞
1994 Fluka Prize “Reagent of the Year”
1998 Van’t Hoff Prize
2001 ACS Award for Creative Work in Organic Synthesis
2004 AIC Chemical Pioneer Award
2005 三井化学触媒賞
2007 Alan R. Day Award
2008 ACS H.C. Brown Award for Synthetic Methods
2011 Noyori Prize
2011 名古屋ゴールドメダル
2012 Chirality Medal
2012 Fannie Cox Science Teaching Award, Harvard University
2013 Remsen Award
2013 Bristol DTCSyngenta Award
2016 Arthur C. Cope Award

 

研究概要

新規不斉触媒反応の開発と複雑生理活性物質合成への応用[1-5]

容易に大量調製・構造修飾可能なサレン配位子を用いる金属不斉触媒、ウレア部位を組み込んだ水素結合活性化型有機分子触媒の開発が傑出した業績である。

en_jacobsen_2.gif

Jacobsen-香月不斉エポキシ化

en_jacobsen_3.gif

Jacobsen速度論的光学分割加水分解

en_jacobsen_4.gif

チオウレア触媒を用いる不斉Strecker反応

不斉分子内Diels-Alder反応によるポリ環状化合物の合成法の開発

不斉分子内反応をつかったポリ環状化合物の効率的合成法を開発している[7]。 なお筆頭著者のBalskusはこの研究でPh.Dを取得し、Walshのところで生合成・生物有機化学を学んだ後、ハーバード大で助教となった(2011年より)

 

コメント&その他

1. 若くして教授となったため、国内外、企業アカデミック含めて非常に多くのJacobsen研Ph.D取得者、ポスドク経験者がいる。ティム・ジャミソン(MIT, 1997-1999、Posdoc)、クリスティーナ・ホワイト(イリノイ大学)、垣内 史敏(慶應大, 1995-1997, Posdoc)、徳永信(九大, 1996-1997, Posdoc)、中村正治(京大, 1999-2000, Visiting Professor)、斎藤進(名大, 1995, Visisint student)、チャン・サックボック(KAIST, 1996, Ph.D), モハメド・モバサギ (MIT, 2001-2003, Posdoc)、Christina M. White (イリノイ大、1999-2002, Posdoc)、Tehshik Yoon (ウィスコンシン大、2003-2005、Posdoc)、クリストファー・ヴァンダーワル(カルフォルニア大アーバイン, 2003-2005, Posdoc)、Clément  Mazet (Genève, 2006-2007, Posdoc)、 エミリー・バルスカス (Harvard, 2007, PhD)、 Abigail Doyle (Princeton, 2008, Ph.D.)、Noah Burns (Stanford, 2010-2012, ポスドク)、美多剛 (北大、2007-2009, Posdoc)、Masayuki Wasa (2013-2015, Posdoc) など。

 

関連文献

  1. Taylor, M. S.; Jacobsen, E. N.  Angew. Chem. Int. Ed. 2006, 45, 1520. doi:10.1002/anie.200503132
  2. Tokunaga, M.; Larrow, J. F.; Kakiuchi, F.; Jacobsen, E. N.  Science 1997277, 936. DOI: 10.1126/science.277.5328.936
  3. Zuend, S. J.; Coughlin, M. P.; Lalonde, M. P.; Jacobsen, E. N. Nature 2009461, 968. DOI: 10.1038/nature08484
  4. Xu, H.; Zuend, S. J.; Woll, M. P.; Tao, Y.; Jacobsen, E. N. Science 2010327, 986. DOI: 10.1126/science.1182826
  5. Lin, S.; Jacobsen, E. N. Nature Chem. 2012, 4, 817. DOI: 10.1038/nchem.1450
  6. Balskus, E. P.; Jacobsen, E. N. Science 2007, 317, 1736. DOI: 10.1126/science.1146939

関連書籍

関連試薬

Aldrich

mfcd10567034.gif

Jacobsenチオウレア触媒:3[[[(1R,2R)2[[[[(1S)1[(Dimethylamino)carbonyl]2,2dimethylpropyl]amino]thioxomethyl]amino]cyclohexyl]imino]methyl]5(1,1dimethylethyl)4hydroxyphenyl 2,2dimethylpropanoate

分子量: 574.82

CAS: 462632-54-8

製品コード:693421

用途:不斉有機触媒

説明:Strecker反応、ヒドロホスホニル化、Mannich反応、シアノシリル化、Pictet-Spengler反応などの不斉反応に利用可能。

文献: Vachal, P.; Jacobsen, E. N. J. Am. Chem. Soc. 124, 10012, (2002).

その他のチオウレア触媒に関するリンク: Jacobsenチオウレア触媒:新規で有用な有機触媒(Aldrich製品紹介)

 

外部リンク

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. エドウィン・サザン Edwin M. Southern
  2. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu
  3. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox
  4. 野依 良治 Ryoji Noyori
  5. 八木 政行 Masayuki Yagi
  6. 岩田忠久 Tadahisa Iwata
  7. トーマス・レクタ Thomas Lectka
  8. ステファン・ヘル Stefan W. Hell

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi
  2. ウルマンエーテル合成 Ullmann Ether Synthesis
  3. 産官学の深耕ー社会への発信+若い力への後押しー第1回CSJ化学フェスタ
  4. 化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略
  5. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu
  6. アイルランドに行ってきた②
  7. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】
  8. カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される
  9. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功
  10. 分析技術ーChemical Times特集より

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Plieger教授

第99回の海外化学者インタビューは、ポール・プリーガー教授です。マッセイ大学基礎科学研究所に所属し、…

化学者のためのエレクトロニクス入門① ~電子回路の歴史編~

「化学者のためのエレクトロニクス入門」シリーズでは、今や私たちの日常生活と切っても切れないエレクトロ…

シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリール…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP