[スポンサーリンク]


身のまわりの分子環状分子

  1. ピラーアレーン

    概要ジメトキシピラーarene)と呼称する。ジメトキシピラーから、超分子化学で広く用いられるようになった。より高次なピラーアレーンや[5]、誘導化したピラーアレーン、そしてその利用に関連した報告は、初の報告から指数関数的に増…

  2. シアノスター Cyanostar

    シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・後編]
  2. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna
  3. 質量分析で使うRMS errorって?
  4. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangement
  5. カラス不審死シアノホス検出:鳥インフルではなし
  6. カール・ダイセロス Karl Deisseroth
  7. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

PAGE TOP