[スポンサーリンク]


身のまわりの分子環状分子

  1. ピラーアレーン

    概要ジメトキシピラーarene)と呼称する。ジメトキシピラーから、超分子化学で広く用いられるようになった。より高次なピラーアレーンや[5]、誘導化したピラーアレーン、そしてその利用に関連した報告は、初の報告から指数関数的に増…

  2. シアノスター Cyanostar

    シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製
  2. 二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界
  3. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】
  4. 日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学
  5. ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ring Expansion
  6. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  7. ニュースタッフ参加

注目情報

最新記事

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

PAGE TOP