[スポンサーリンク]


身のまわりの分子環状分子

  1. ピラーアレーン

    概要ジメトキシピラーarene)と呼称する。ジメトキシピラーから、超分子化学で広く用いられるようになった。より高次なピラーアレーンや[5]、誘導化したピラーアレーン、そしてその利用に関連した報告は、初の報告から指数関数的に増…

  2. シアノスター Cyanostar

    シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow
  2. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム
  3. 海外のインターンに参加してみよう
  4. 武田薬、糖尿病治療剤「アクトス」の効能を追加申請
  5. 創薬に求められる構造~sp3炭素の重要性~
  6. 次世代の放射光施設で何が出来るでしょうか?
  7. 室温で液状のフラーレン

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP