[スポンサーリンク]

一般的な話題

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

[スポンサーリンク]

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。

この賞は、Web of Scienceの論文引用データをもとに、医学・生理学、物理学、化学、経済学分野において、特に影響力のある研究者に対して与えられる賞です。これまでに引用栄誉賞受賞者のうち実に54人がノーベル賞を受賞しており、本賞の受賞者はノーベル賞の有力候補の指標であるとも言えます。

2020年度は、医学・生理学、物理学、化学、経済学分野から計24名が受賞し、今年は日本からの2名の先生の受賞がありました。

毎年、ケムステでも化学分野にフォーカスして受賞者の業績を紹介しており、本記事でも2020年の受賞者についてまとめてみましたので是非ご覧ください!

自然界に学ぶ自己組織化物質創成と超分子化学への貢献に対して

藤田誠 (東京大学HPより)

方向性を有する金属イオンと、剛直な有機配位子を利用することにより、超分子やネットワーク錯体を合成し、制限空間内部での特異な現象の発見などにおいて業績があります。特に有機化合物では取り得ない幾何構造を利用することにより、実験的な研究をもととした新たな幾何構造の発見や、自然に存在する幾何構造を模倣した自己組織化分子の構築・孤立空間での化学反応性、構造解析領域への応用としての結晶スポンジ法などの先駆的な発見などがなされてきています。

画像は The University of Tokyo Featuresより引用

物理的、生物学的、医学的システムにおいて応用範囲の広い精密特性を持つナノ結晶の合成に対して

Moungi G. Bawendi(左)、Christopher B. Murray(中央)、Taeghwan Hyeon(右) (それぞれ学科HP研究室HPwikipediaより)

バルク結晶として存在している金属などを結晶のサイズを小さくしていくことにより、電子準位の離散化に伴い、バルクとは異なる物性をナノ結晶では示すことが知られてきております。例えばこれらは異なる電子構造に由来した光学特性などを示すために、量子コンピュータへの応用が可能であること、また近赤外でのイメージングなど物理的あるいは医学生物学的な応用も可能であると期待されており、これらに寄与する精密なナノ粒子の合成法の確立と、それらの基礎物性ならびに応用に関する研究に関して授与されました。

 

有機金属化学への貢献に対して、特にパラジウム触媒によるアミンとアリールハライドのカップリング反応により炭素–窒素結合を形成するブッフワルド–ハートウィッグアミノ化への貢献に対して

Stephen L. Buchwald(左)、John F. Hartwig(右) (それぞれC&EN学科HPより引用)

芳香族アミン化合物は医薬や電子材料の基礎原料としてきわめて重要です。しかしながらこれをレゴブロックを組み立てるように簡便かつ自在に合成することは困難を極めていました。Buchwald教授、Hartwig教授はパラジウム触媒を用いるクロスカップリング形式で芳香族アミン化合物を合成する反応(Buchwald-Hartwigクロスカップリング)の開発に1990年代に成功し、この課題解決にブレイクスルーをもたらしました。

画像はWikipediaより引用

 

ついでですが、物理学賞分野においても化学に関連がある分野が有りましたので、紹介します。

カーボンナノチューブと窒化ホウ素ナノチューブ(BNNT)の製造と新規応用に対して

Hongjie Dai(左), Alex Zettl(右) (それぞれStandford学科HPUC Berkeley学科HPより)

炭素から構成されている同素体であるカーボンナノチューブおよび炭素の両隣から構成されている窒化ホウ素ナノチューブはそれぞれ平面の巻き方と化学構造から制御合成が難しく、それに伴った応用に関しては進んでいませんでした。化学気相蒸着法により合成方法を精密に制御することにより、均一性の担保されたcm2オーダーでの薄膜作製にそれぞれ成功し、電子デバイスへの応用などがなされてきており、今回の受賞へと繋がりました。

 

ノーベル賞の発表は10月5日以降となっております。楽しみですね!

はいぶりっど。

投稿者の記事一覧

はいぶりっど化学者。好きな言葉は"The sky is not limited"

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. BASFとはどんな会社?-2
  2. 名古屋市科学館で化学してみた
  3. 研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)
  4. 原子一個の電気陰性度を測った! ―化学結合の本質に迫る―
  5. 微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する
  6. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう!…
  7. 湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果に…
  8. 脳を透明化する手法をまとめてみた

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成
  2. クリック反応の反応機構が覆される
  3. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  4. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線
  5. 134回日本薬学会年会ケムステ付設展示会キャンペーン!
  6. 今年も出ます!サイエンスアゴラ2014
  7. 化学物質恐怖症への処方箋
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編)
  9. 金属カルベノイドを用いるシクロプロパン化 Cyclopropanation with Metal Carbenoid
  10. ライセルト反応 Reissert Reaction

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

注目情報

最新記事

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP