[スポンサーリンク]

一般的な話題

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

[スポンサーリンク]

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。

この賞は、Web of Scienceの論文引用データをもとに、医学・生理学、物理学、化学、経済学分野において、特に影響力のある研究者に対して与えられる賞です。これまでに引用栄誉賞受賞者のうち実に54人がノーベル賞を受賞しており、本賞の受賞者はノーベル賞の有力候補の指標であるとも言えます。

2020年度は、医学・生理学、物理学、化学、経済学分野から計24名が受賞し、今年は日本からの2名の先生の受賞がありました。

毎年、ケムステでも化学分野にフォーカスして受賞者の業績を紹介しており、本記事でも2020年の受賞者についてまとめてみましたので是非ご覧ください!

自然界に学ぶ自己組織化物質創成と超分子化学への貢献に対して

藤田誠 (東京大学HPより)

方向性を有する金属イオンと、剛直な有機配位子を利用することにより、超分子やネットワーク錯体を合成し、制限空間内部での特異な現象の発見などにおいて業績があります。特に有機化合物では取り得ない幾何構造を利用することにより、実験的な研究をもととした新たな幾何構造の発見や、自然に存在する幾何構造を模倣した自己組織化分子の構築・孤立空間での化学反応性、構造解析領域への応用としての結晶スポンジ法などの先駆的な発見などがなされてきています。

画像は The University of Tokyo Featuresより引用

物理的、生物学的、医学的システムにおいて応用範囲の広い精密特性を持つナノ結晶の合成に対して

Moungi G. Bawendi(左)、Christopher B. Murray(中央)、Taeghwan Hyeon(右) (それぞれ学科HP研究室HPwikipediaより)

バルク結晶として存在している金属などを結晶のサイズを小さくしていくことにより、電子準位の離散化に伴い、バルクとは異なる物性をナノ結晶では示すことが知られてきております。例えばこれらは異なる電子構造に由来した光学特性などを示すために、量子コンピュータへの応用が可能であること、また近赤外でのイメージングなど物理的あるいは医学生物学的な応用も可能であると期待されており、これらに寄与する精密なナノ粒子の合成法の確立と、それらの基礎物性ならびに応用に関する研究に関して授与されました。

 

有機金属化学への貢献に対して、特にパラジウム触媒によるアミンとアリールハライドのカップリング反応により炭素–窒素結合を形成するブッフワルド–ハートウィッグアミノ化への貢献に対して

Stephen L. Buchwald(左)、John F. Hartwig(右) (それぞれC&EN学科HPより引用)

芳香族アミン化合物は医薬や電子材料の基礎原料としてきわめて重要です。しかしながらこれをレゴブロックを組み立てるように簡便かつ自在に合成することは困難を極めていました。Buchwald教授、Hartwig教授はパラジウム触媒を用いるクロスカップリング形式で芳香族アミン化合物を合成する反応(Buchwald-Hartwigクロスカップリング)の開発に1990年代に成功し、この課題解決にブレイクスルーをもたらしました。

画像はWikipediaより引用

 

ついでですが、物理学賞分野においても化学に関連がある分野が有りましたので、紹介します。

カーボンナノチューブと窒化ホウ素ナノチューブ(BNNT)の製造と新規応用に対して

Hongjie Dai(左), Alex Zettl(右) (それぞれStandford学科HPUC Berkeley学科HPより)

炭素から構成されている同素体であるカーボンナノチューブおよび炭素の両隣から構成されている窒化ホウ素ナノチューブはそれぞれ平面の巻き方と化学構造から制御合成が難しく、それに伴った応用に関しては進んでいませんでした。化学気相蒸着法により合成方法を精密に制御することにより、均一性の担保されたcm2オーダーでの薄膜作製にそれぞれ成功し、電子デバイスへの応用などがなされてきており、今回の受賞へと繋がりました。

 

ノーベル賞の発表は10月5日以降となっております。楽しみですね!

はいぶりっど。

投稿者の記事一覧

はいぶりっど化学者。好きな言葉は"The sky is not limited"

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 口頭発表での緊張しない6つのヒント
  2. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大…
  3. 金属を使わない触媒的水素化
  4. ゲルのやわらかさの秘密:「負のエネルギー弾性」を発見
  5. 2015年ケムステ人気記事ランキング
  6. マイクロ波を用いた革新的製造プロセスとヘルスケア領域への事業展開…
  7. 有機化学クロスワードパズル
  8. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応&#…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み
  2. 【1月開催】第五回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は? -触媒のまとめと他反応への期待-
  3. 安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える
  4. アザヘテロ環をあざとく作ります
  5. 環歪みを細胞取り込みに活かす
  6. 建石寿枝 Hisae Tateishi-Karimarta
  7. 特許の関係を「地図」に ベンチャー企業が作成
  8. 動的共有結合性ラジカルを配位子とした金属錯体の合成
  9. リチウム Lithium -リチウム電池から医薬品まで
  10. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

最新記事

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP