[スポンサーリンク]

一般的な話題

未来の科学コミュニティ

こんばんは、D論執筆中のHajime0123です。気分転換?に記事を書かせて頂きました。さて、皆さんは、30年・40年後の化学者がどのように研究し、論文を出しているか、想像したことはありますか? Bioinformatics黄金時代と言われる近年、最近の5年間でも化学者の利用するツールはガラリと変わり、日進月歩のテクノロジーの恩恵を化学の分野でも受けています。ケムステも様々なウェブツールを読者に紹介しています。それではもっと先の未来ではどうなっているのだろう・・・と、ちょっとした機会があったので考えてみました。

一人数台”コンピュータ”時代

 

laptop_smartphone_tablet-100029876-large

未来ではどこにいても、タブレットやスマートフォンを通してネットへのアクセスが可能となり、容量はテラバイト、マック・ウインドウズといった違いはもはや意味をなさなくなることでしょう。世界はフラットになり、アクセスできる情報量の差もなくなってきます。一人が7,8台のコンピュータを持つなんて当たり前。

 

研究の効率化

 

ENotebook_1

研究に関しては大幅な効率化が期待されます。

もう一部の大学でも実施されていますが、実験ノートは完全に電子化され、ネットワークを通して他人の生のデータにアクセスが可能になります。分析機器から得られるデータは自動的に電子実験ノートに取り込まれ、科学者はデータの“解釈”に専念できるようになります(でもやっぱりラップトップは自分の実験台の側には置きたくないので、実験ノートの代わりになってくるのが今のタブレットコンピューターかなと思います)。

 

現在、自分の生データの10分の1でも論文になればかなりいいほうではないかと思うので、この生のデータへのアクセスは普通に考えて情報量を10倍、100倍へと増やします。そのような膨大な情報量の中から自分のほしい物だけを効率よく得るためには、ソフトウェアはもちろん、統一されたプラットフォーム上で、検索者もかなりのスキルが必要になってくると思います。

 

もちろん情報量が多いので、細かい実験情報へのアクセスが可能になり、再現性の問題なども減るのではと思います(10回に1回くらいか・・じゃあ論文にはできないな・・とか)。論文に書かなかったディテールなども、“生データ参照”の一言で片付きます。

 

現在の科学者の中には、今後この生データが論文よりも価値あるものとなるだろう、と言う人もいます。そうなると、論文の役割も実験データの提示よりも、新しいコンセプトの提示にもっと移行していくのではないでしょうか。

 

真にグローバルな科学者コミュニケーション

SNS

 

Facebookの普及により世界は確実に小さくなってきています。この流れは化学の世界でも同じでしょう。ただ、科学者にとっての使いやすいSocial Network Serviceは未だないように思えます。プロフェッショナルなSNSが将来は科学者同士のコミュニケーションの舞台となるのではないでしょうか。

 

新しいプラットフォームでは、科学者のプロフィールだけでなく、世界各地の研究所・大学、そしてそれらの機関の持つデータをも含むことになるでしょう。企業の人も入ってくるとよりよいのではと思います。

 

科学を通して、他の国の友人も増えますし、他の科学者がどんなことに興味をもち何に取り組んでいるのかも分かります。研究はInterdisciplinaryな分野が非常に多くなり、科学者同士のコラボレーションも多くなります。SNSにより適切なコラボレーション相手を探すこともできますし、どの研究機関がどんな機器を持っているかも分かるでしょう。共同研究者とはSNSのビデオチャットを通じてディスカッションをします。データの共有も、現在のメールの送受信からドロップボックス式へ移行し簡単になります。

 

論文を見ていて聞きたいことがあれば直接ファーストオーサーにコンタクトを取れます(教授に連絡するのはちょっとおっかないので・・・)。

 

論文投稿・発表・評価の新システム

 

rev1

完全電子化された論文では、著者の思いのままに研究を発表できるようになります。動画やビデオクリップを埋め込むという試みは一部で始まっている?ようです。アブストラクトを書く代わりに、オーサーが5分間のビデオで研究成果を説明するなんていうのが主流になるかも知れません。

 

膨大な量の論文投稿は既に一部のジャーナルに支障をきたしているようですが、サブミットからアクセプトまでの高速化の流れは変わらないでしょう。現在レビューアーはボランティアとなっていますが、将来は論文を審査する人へのインセンティブも重要です。論文掲載プロセスの中には、論文盗用防止のためのクロスチェックが必須となります(既に実施しているジャーナルあるみたいです)。

 

アクセプトされた論文はもちろん上記SNSにもアップロードされ、登録者はコメントすることで様々な人とディスカッションを進めることができますようになります(現在はブログやTwitterで散逸的になっているのでそれが1箇所にあるといいなと思います)。

 

量より質の研究へ

quality_or_quantity-resized-600.jpg

 

さて、もちろん上記の研究・コラボレーションの効率化・最適化は結果的に科学者に余剰の時間を与えることになります。機器がすべてオートメーション化されれば、そこにいる必要ないわけですから。そうした場合、この効率化によって生まれた時間をどう使うかという贅沢な危惧が生まれます。

 

ある科学者はもっと論文を出すんだ!と言い、他の者はもっとデータを丁寧に取って質の高い論文にしようと考えるでしょう。将来の膨大な情報量を考えると、後者が正しい方向性なのではと筆者は思います。もちろんこれは、言うのは簡単ですが、実際にこれを一つの流れとするのは非常に難しいことだと思います。もうすでに、昔と今の論文を比べてみると、あー昔の論文のほうがむしろちゃんとしていたという場合も多々あるのではないでしょうか。

 

現在、科学者もしくは論文を評価するシステムは様々です(H-index, Impact factor, eigenvalue, etc…)。ただ完璧と思えるような評価方法はなく、それぞれ利点と欠点があります。将来、新たな評価システムが採用され、質の高いリサーチをより評価できるようなることが欠かせないと思います。

 

現在のアジア、特に中国や韓国では論文の質よりも数を評価する傾向があるようです。質は誰もが判断できる訳ではないけれど、数なら誰でも数えられる、というのは確かですが、だからこそサイエンス共通の誰もが納得出来るパラメーターが、将来上記のパラダイムシフトを達成するには必要になってくることでしょう。

 

ワークフローの最適化、パラダイムシフトの一助と考える

workflow-software-process-manager1-300x218

 

さていろいろ書いてきましたが、やはり一番重要なのは新しいテクノロジーに対して常にアンテナを張り巡らせ、それらを受け入れることのできる広い心構えだと思います。習慣を変えるのは難しいことですし、新しい技術にトライするにはそれなりの時間とエネルギーを費やします。自分も研究ではよく、効率的な方法があっても、自分の慣れた方法でやってしまいます。それも悪いとは限りませんが、今後情報量が多くなり自分では(従来の方法では)さばき切れなくなる時が来るのは間違いありません。

 

新しい技術が現在の自分のワークフローにどのように当てはまるのか、そしてその技術によって柔軟に自分のワークフローを変えていけるのかが今後一番のキーとなるのではないかと筆者は思います。

 

余談

 

尚、今回の投稿内容ですが、今年8月中旬にDCであったにACS Summer Instituteでの話し合いをもとにしています。この催し物ですが、ACSが将来も優れた研究を発表する場としてあり続けるためにはどういう方向性でやっていけばいいのか、というのを実際の研究者を集めて意見を聞くという目的で開かれました。筆者も参加者の一人として5日間ディスカッションに浸ってきました(ACSのスタッフにColwizというサイトを紹介されました。上記の科学者のためのSNSとでもいいましょうか。興味のある方はお試しください:http://www.colwiz.com/)。

 

最終日は3つのグループに分かれ、ACSのスタッフにプレゼンをしました。その一部分を今回は記事に書かせて頂きました。 他14人の参加者とACSのオーガナイザーに感謝します(実現可能性やもろもろの問題(セキュリティ・特許権・etc…)も考えられますがここでは意図して省きました)。

 

PS.久しぶりの東海岸ということもあり調子に乗って海産物を食べ過ぎ、この集まりの後人生初の食中毒で1週間以上ダウンしました。これから寒くなってきますが、皆様もお体にはお気をつけください。

The following two tabs change content below.
Hajime0123

Hajime0123

川崎市出身です。親・高校のクラスメートの影響で留学に興味を持っていました。 学部では有機金属化学らしきことをやっていました。 そこで出会った恩師やいろんな人の助けを借りて2006年にアメリカに渡り、 薬学化学系の研究室に所属しています。 このままアメリカでポスドクを生物関係の分野でやる予定です。 そのあとは特に決めていません。 好きな事はバトミントン・テニス・卓球・旅行・お酒です。
Hajime0123

最新記事 by Hajime0123 (全て見る)

関連記事

  1. アルミに関する一騒動 ~約20年前の出来事~
  2. 今冬注目の有機化学書籍3本!
  3. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた
  4. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  5. もっとも単純な触媒「プロリン」
  6. アルデヒドを分液操作で取り除く!
  7. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒
  8. 究極の黒を炭素材料で作る

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Reaxys無料トライアル実施中!
  2. リケジョ注目!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞-2013
  3. 第47回天然有機化合物討論会
  4. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis
  5. 全合成 total synthesis
  6. ビタミンB12 /vitamin B12
  7. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる 第2回
  8. ヒドラジン
  9. アジリジンが拓く短工程有機合成
  10. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

この度、関東化学株式会社は水分1ppm以下を保証する脱水溶媒を発売開始致します。この水分保証…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP