[スポンサーリンク]

ケムステニュース

富士フイルムが医薬事業に本格参入

[スポンサーリンク]

富士写真フイルムは20日、医薬事業へ本格参入すると発表した。創薬ベンチャーのペルセウスプロテオミクス(東京都目黒区、松田和之社長)による9億9800万円の第三者割当増資を引受け、同社発行済株式の22%を有する筆頭株主となったことから、ペルセウス社の持つ癌や生活習慣病などの測定マーカーを用いた診断システムや抗体医薬の開発に取り組む方針だ。(引用:薬事日報)

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 和光純薬を富士フイルムが買収へ
  2. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請
  3. 帝人、EV向けメンブレンのラインを拡充
  4. ファイザーがワイスを買収
  5. 創造化学研究所、環境負荷の少ない実証ベンチプラント稼動へ
  6. 陰イオン認識化学センサーの静水圧制御に成功~高選択的な分子検出法…
  7. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力…
  8. Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ウギ反応 Ugi Reaction
  2. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応
  3. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  4. 第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-
  5. タンパク質立体構造をPDBjViewerで表示しよう
  6. 高専の化学科ってどんなところ? -その 2-
  7. カリフォルニア大学バークレー校・化学科への学部交換留学
  8. 米FDA立て続けに抗肥満薬承認:Qsymia承認取得
  9. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より
  10. 分子の動きを電子顕微鏡で観察

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP