[スポンサーリンク]


アイルランド

  1. アイルランドに行ってきた②

    ダブリンで開催された国際学会、15th Europian Sympsium on Organic Chemistry(ESOC2007)で行われた最先端の研究発表を紹介します。前回からの続きです。 (さら…

  2. アイルランドに行ってきた①

     先日ダブリンで開催された国際学会、15th Europian Sympsium on Organi…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 可視光応答性光触媒を用いる高反応性アルキンの生成
  2. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ” 京薬大准教授ら
  3. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造体 編~
  4. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration
  5. 有機アジド(2):爆発性
  6. 反応経路最適化ソフトウェアが新しくなった 「Reaction plus pro」
  7. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

注目情報

最新記事

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

PAGE TOP