[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)

プロパンチアールオキシドは、タマネギなどネギ属植物を切り刻むと生じる催涙成分。タマネギの食用部を包丁で切ると目がしみる原因はこの物質のためです。

 

  • 詳細

プロパンチアールオキシド1-プロパンチアールS-オキシド)はタマネギを切ると発生する成分。どのような過程で発生するのか、反応経路の全体像が明かされたのは2002年のこと。酵素がすみやかに作用すると催涙成分であるプロパンチオールオキシドができ、そのまま時間が経つと自発的に他の風味成分ができます[1]。このプロパンチオールSオキシド生合成酵素の設計図を記した遺伝子の発現をRNA干渉で抑え込むと、包丁でざくざく切っても涙がでないタマネギを作り出すことができます[2]。今井真介氏らが行ったこれらの研究は2013年にイグノーベル化学賞を受けることになりました。

 

  • 参考文献

[1] “An onion enzyme that makes the eyes water.” Shinsuke Imai et al. Nature 2002 DOI: 10.1038/419685a

[2] “Silencing Onion Lachrymatory Factor Synthase Causes a Signi?cant Change in the Sulfur Secondary Metabolite Pro?le.” Eady CC et al. Plant Physiol. 2008 DOI: 10.1104/pp.108.123273

[3] ハウス食品「タマネギ研究でのイグノーベル賞受賞」(http://housefoods.jp/company/news/dbpdf/58234824e464b7.pdf)

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. ロドデノール (rhododenol)
  2. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)
  3. トロンボキサンA2 /Thromboxane A2
  4. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine
  5. ヘリウム (helium; He)
  6. フタロシアニン phthalocyanine
  7. カイニン酸 kainic acid
  8. シクロクラビン cycloclavine

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機化学美術館が来てくれました
  2. 中西香爾 Koji Nakanishi
  3. 論文のチラ見ができる!DeepDyve新サービス開始
  4. ReadCubeを使い倒す(1)~論文閲覧プロセスを全て完結させる~
  5. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明
  6. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入
  7. 銀の殺菌効果がない?銀耐性を獲得するバシラス属菌
  8. アジズ・サンジャル Aziz Sancar
  9. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  10. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵母菌に小さなソーラーパネル

Harvard大学のNeel S. Joshi教授らは、光合成を行わない微生物に光増感剤を担持するこ…

有機合成反応で乳がん手術を改革

理化学研究所(理研)、大阪大学、カザン大学の国際共同研究グループは、乳がんの手術中に摘出した組織で有…

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

PAGE TOP